page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

世界遺産のイグアスの滝。アルゼンチン側はこうなっている/アクセスとホテル&レストラン編(その2)


空港からのアクセス

「世界遺産のイグアスの滝。アルゼンチン側はこうなっている/アクセスとホテル&レストラン編」その1からの続きです。空港からプエルト・イグアスの町までは、タクシーで25分、運賃は日本円に直すと2500〜2800円ほど。市内行きのバスもありますが1時間おきで、こちらは日本円にするとひとり800〜1000円。なので人数がいるなら、タクシーが楽ですね。空港からイグアスの滝入口のビジターセンターまで、タクシーでは約20分です。

バスターミナルからイグアスの滝へ

プエルト・イグアスのバスターミナル プエルト・イグアスのバスターミナル

プエルト・イグアスの町からイグアスの滝へは、バスターミナルからバスが7時20分から19時20分まで、20分おきに運行しています。帰りの最終は20時。イグアスの滝の表示は、「カタラタスCataratas」です。行けばわかりますが、2社が運行。料金は同じで、往復130ペソ(約1000円。数年で倍に値上がりました)。所要40分程度です。人気の、滝に突っ込むボートツアーも、このバスターミナル内の旅行会社で申し込めます。

国立公園内にあるホテルは1軒だけ

イグアス国立公園内にあるメリア・イグアス イグアス国立公園内にあるメリア・イグアス

ここからはアルゼンチン側のホテル事情についてです。イグアス国立公園内にあるホテルは1軒だけ。5つ星の「メリア・イグアスMeria Iguazu (旧名シェラトン・インターナショナル・イグアス・リゾート)」です。森の中にある静かなロケーションで、滝まで歩いて行ける距離なので、疲れたらすぐに部屋に戻れます。もちろん滝が見える部屋もあり、スタッフのホスピタリティも評判がいいいですね。テニスコートやプールもあるので、のんびりできるでしょう。部屋はジャングルビューやウォーターフォールビューなどに分かれています。ビュッフェ形式の朝食込みで、基本宿泊料は5万円ぐらいからですが、税金が21%プラスされるので6万円ぐらいになるでしょう。ただしシーズンにより値段は変動するのと、ホテル予約サイトでは割引もしているので、4万以下で泊まれる日もあります。ハイシーズンは、12月下旬〜2月、7〜8月です。

ホテル料金の相場は?

プエルト・イグアスの町、及び郊外にあるホテルなら、値段はぐっと下がります。試しにふつうのシーズンの料金をホテル予約サイトでチェックしてみました。5つ星で50〜100ユーロ(6500〜1万3000円)、4つ星で47〜90ユーロ(6100〜1万2000円)、3つ星で17〜44ユーロ(2200〜5700円)でした(2人部屋・朝食付きの客室料金)。ツアーで泊まるランクなら4つ星、節約型の個人旅行なら3つ星で十分でしょう。家族連れなら、電子レンジやキッチンがついたバンガロー併設のホテルもいいかもしれません。お隣のブラジルがアメリカンな雰囲気なのに対して、アルゼンチンはヨーロッパの雰囲気が強いので、長期滞在のヨーロッパ人観光客に対応しているホテルもあるんですよね。(その3に続く)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/29)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索