バミューダ旅行・バミューダ観光徹底ガイド

バミューダ旅行・バミューダ観光徹底ガイド


バミューダ旅行・観光の見どころ・観光情報

バミューダは、北大西洋にあるイギリスの海外領土。人口は6万5000人で、セント・ジョージ島にある首府ハミルトンにそのうちの約3000人が住む。バミューダ第2の町は、アメリカ大陸最古のイギリス植民地として栄えた、同島にある古い町セント・ジョージ。おすすめの観光名所はこちらの町の方に多く、17世紀の建造物が残っていることから「古都セント・ジョージと関連要塞群」として世界遺産に登録されている。バミューダはニューヨークから飛行機でわずか2時間。そのため、夏は多くのアメリカ人が観光に来ているが、緯度が比較的高いので冬はそこそこ寒く、閑散期になる。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


バミューダ旅行・観光の選び方

バミューダ諸島クルーズを利用して行くのが簡単。滞在型なら空路で行くのが早い

日本からのツアーはあまりなく、手配旅行で行くことになる。一般的なのは、ニューヨーク発のバミューダ諸島クルーズを利用して行くこと。クルーズは7泊8日で、カリブ海のサンファンや米領ヴァージン諸島などを含むものもある。日本からだとツアー期間は11日間程度。おもな見どころとしては、世界遺産の「古都セント・ジョージ」やピンクサンドビーチ、クリスタルケイブなどがある。代表的なバミューダ料理は、魚のコロッケのようなフィッシュケーキやコンク貝、ロブスターなどがおすすめ。冬季は平均気温が20度ぐらいまで下がるので、オフシーズンになる。島の物価は全体的に高めだ。(2016年9月編集部調べ)


現地ガイド発!バミューダの観光最新情報

2007/11/07 観光地・名所

カリブ海に浮かぶ不思議な魅力にあふれた島、「バミューダ島」を訪れよう!

バミューダ旅行イメージ-バミューダ動物園で写したカリブ海を背にした孔雀 バミューダ動物園で写したカリブ海を背にした孔雀

バミューダ島はカリブ海の最も北に位置する島であり、ニューヨークから東へ向かい飛行機で2時間ほどの場所に浮かんでいる。「バミューダトライアングル」という言葉は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これはマイアミ、プエルトリコ、そしてこのバミューダを基点としたカリブ海にある三角地帯のこと。同島はベストシーズンの5月〜10月には欧米やカナダからの観光客であふれますが、実際にカリブ海の島々を旅した私が島の美しさにおいて一番インパクトの強かった島のひとつです。そんなカリブ海のバミューダ島を今日は紹介してみたく。続きを見る


バミューダの海外ガイド記事

バミューダの記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


バミューダ旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、バミューダ観光情報が満載。
バミューダ旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。