ボリビア人は、甘党!

ボリビアのスクレのメルカドでは、甘い食べ物がたくさんあります。フルーツ系コメデリア、チョコレート専門店、ケーキ専門店などなど。今回は、甘い食べ物を紹介していきましょう。メルカドの中だけでなく、街中にもチョコレート専門店、ケーキ専門店がたくさんあります。チョコレートが有名らしいのですが、理由は不明です。お店が隣同士に並んでいることは、当たり前です。ケーキは、ホールごと買う勇気がありません。一切れは80円くらいで購入でき、その場で食べられます。

スクレの市場は、食べ物で溢れている! その2 デザート編 スクレの市場は、食べ物で溢れている! その2 デザート編

意外な事実、フルーツ王国???

メルカドには、豊富な種類の果物が売られています。ボリビアは、ブラジルのアマゾン付近まで国土を有するので、寒い気候の土地だけでなく、暑い気候の土地があり、フルーツが豊富に採れます。建物の外のテントエリア、果物売り場では、皮を剥いた完熟パイナップルが売っており、甘いせいか「蜂」が飛んでいます。また、果物を購入するだけでなくフルーツ系のコメデリア(食堂)もあります。ここでは果物に水または牛乳を混ぜた、フレッシュジュースが飲めます。私が是非おすすめしたいのは、「フルーツサラダ」です。

フルーツパフェが100円から食べられる!

メルカド内部の1階に、フルーツ系コメデリアがあります。10数軒並ぶお店は値段に差はありませんが、多少のアレンジが店ごとにあります。さて、ボリビアでいうフルーツサラダとは、日本のフルーツパフェのこと。値段は100円〜160円と格安です! バナナとパパイヤを敷き詰め、ホイップクリームが乗って他のフルーツを固定しています!!ボリビア人は、ホイップクリームが大好きです。カラフルなゼリーに大量のホイップクリームを乗せ、おいしそうに食べ歩いています。

あだ名はメタボリビアーノ!

ボリビアでは、どこの街でもホイップクリームたっぷりのゼリーを見かけます。また、ソフトドリンクも大量に飲みます。道端、公園、広場では、甘い食べ物の屋台を良く見かけ、みんなおいしそうに食べています。恰幅のいい人も多く、そんな人は男性も女性も太り方がすごいです。肉食の国では、腕、足、腹回りが大きな人を見かけますが、ボリビアでは、おなか回りが目立ちます。特に年配の女性方、太りすぎてスカートのホックが止まらず、チャック全開の光景を目にします。それでも、ズレ落ちないのです(汗)。(その3へ続く)