鉄板焼きが並ぶ、夕食系コメデリア

ボリビアのスクレのメルカドの2階には、夕食系のコメデリア(食堂街)があります。しかし、営業時間が15時〜24時と閉店時間が遅いため、入り口はメルカドの外に1箇所だけあります。私は夕方にこの入り口付近にたくさんの人が、階段を登り降りしているのに気がついて見つけました。ここには15軒ほどのお店があり、手前はハンバーガーをはじめとする軽食です。奥には、鉄板を構えるお店が並びます。メニューは10種類弱。店ごとの値段もさほど変わりません。

スクレの市場は、食べ物で溢れている! その5 夕食編 スクレの市場は、食べ物で溢れている! その5 夕食編

豪快に盛ってアピールなのか???

鉄板を構えるお店の前では、昼と同じくガンガン呼び込みをしてきます。メニューと値段は、店の前に書いています。鉄板の上には、炒めた玉ねぎと揚げておいたフライドポテトを乗せて、保温していました。一体どんな料理が出てくるのか、想像がつきません。ほとんどの人が食べているのが、一皿にがっつり盛られた料理です。鉄板の上の内容からは、一皿を豪快にするとは、想像がつきません。同じものを頼んで判明しました。

「日本昔話」級の盛り方は、ここにも存在した!

注文と同時に、薄い牛肉を数枚鉄板に載せ、ソーセージを油の中に投入しました。んんん!?卵を鉄板に落として、目玉焼きです。そして、出てきた一皿は、下からご飯、炒めた玉ねぎ、揚げたソーセージとフライドポテト、炒めた牛肉、仕上げに目玉焼きを盛り付けて出てきました。人によっては、さらにスープも注文です。がっつり食べる体育会系の私ですが、さすがには遠慮させていただきました。ほとんどの人が、このメニューもしくは、昼食編で紹介したセルドを食べていました。

〆に別腹をメルカドの外で食す

しょっぱい系の鉄板焼き大盛り一皿の後は、甘いもので〆ましょう。夜のメルカド周辺は、ナイトマーケット状態です。ケーキや、マシュマロにチョコレートをコーティングしたものなどで、別腹を満たします。さらに塩気が欲しい人は、「ソンソ」をお為しください。現地の芋である、「ユカ」の粉とチーズを練って、焼き竹輪のようにして売っています。ホクホクして、チーズの味がおいしいです。量は普通なのですが、胃袋にがっつり来るので注意です。最後まで読んでくれた皆さん、これでボリビアのスクレのメルカドマスターです!ボリビアの他の街のメルカドも内容は似ています。あなたも、他の街のメルカドへも、行って見ましょう!