バヘリーニャスに着いてからでもホテルは探せる

レンソイス観光の基点となるバヘリーニャスのホテルは、ホテルサイトなどでも申し込めますが、現地の旅行会社でも予算を言えば紹介してくれます。ツアーを申し込む際に、一緒に聞いてみてもいいですね。週末でもない限り、それほど混んではいないはずです。私は着いてから紹介してもらいました。いくつも写真入りのリストがあって選ぶことができました。

ツアー、それとも個人? ブラジルの絶景「レンソイス国立公園」に行く方法 その2 ツアー、それとも個人? ブラジルの絶景「レンソイス国立公園」に行く方法 その2

バヘリーニャス発のツアーとは?

バヘリーニャスには旅行会社がいくつもあり、ほとんど同じ内容のツアーを催行しています。同じツアーなら、会社が違ってもほぼ同じようなスケジュールで回るので、大差はないでしょう。サンパウロ発などのツアーでも、バヘリーニャスに着いてからは、結局は同じ内容のツアーのようでした(日本語ガイドが付くか付かないかはありますが)。移動は四駆のトラックの荷台か、ボートです。ツアーは基本的にはポルトガル語と、少しの英語です(笑) 現地発ツアーは安いですが、言葉の問題でコミュニケーションをとるのが多少難しい。そこは陽気なブラジル人のこと。他のお客が何かと面倒を見てくれました(笑)

一番人気は「大レンソイス・サンセットツアー」

さて、現地発ツアーには、どんなものがあるのでしょうか。ここでは、ほぼ毎日催行されている、代表的なツアーを紹介しましょう。体験談も別項で「たびナレ」にアップする予定ですので、より詳しく知りたい方はそちらを見てください。まず、一番人気で、「レンソイスならやはりこれ!」というのが、「大レンソイス・サンセットツアー」。レンソイスの砂丘は、その広さで大レンソイスと小レンソイスに分けられていますが、これは午後2時過ぎにバヘリーニャスの町を四輪駆動のトラックに乗って出発し、3時半ごろ砂丘の入り口に到着。青いラグーンで水浴びしたりしつつ、砂丘に沈むサンセットを見て、7時半ごろバヘリーニャスの町に戻ってくるというツアーです。後から思えば、やはりこのツアーが一番遠くまで続く砂丘を見ることができたツアーですね。(その3に続く)