レンソイスのベストシーズンは湖が出現する6〜9月

白い砂丘が連なり、期間限定でその間に青い湖が出現するブラジルの絶景のレンソイス国立公園。国立公園なので、その中はツアーでしか回れませんが、行き先が異なるいくつかのツアーが用意され、数日滞在しても飽きないようになっています。「砂丘を見るだけなので一回でいい」という方は、別項で書いた「大レンソイスのサンセットツアー」をお読み下さい。まず何かひとつ行くなら、それをおすすめします。しかし、せっかくレンソイスまで行ったのだから、もっとこの地方を堪能したいですよね。そこで今回紹介するのが、「小レンソイスを行く川下りツアー」です。こちらは朝から夕方までのほぼ1日と、たっぷりレンソイスを堪能できるのです。

ブラジルの絶景・レンソイス国立公園。「小レンソイスを行く川下りツアー」へ その1 ブラジルの絶景・レンソイス国立公園。「小レンソイスを行く川下りツアー」へ その1

2番目に人気なのがこの川下りツアー

日本からの観光付きのツアーでは、1日目の午後が「大レンソイスのサンセットツアー」、2日目にこの「小レンソイスを行く川下りツアー」に行き、夜にサンルイスの空港に戻るというパターンが多いようです。もちろんフリーの旅なら、ツアーの基点となるバヘリーニャス発の現地ツアーに参加してもいいでしょう。内容は食事が付くか付かないかが違うぐらいで、行くところや順番はだいたい同じです。朝、8時45分ぐらいになると各ホテルを車が回り、ツアー客をピックアップ。9時には、バヘリーニャスの船着き場はツアー客でいっぱいになります。ツアーごと、またはいくつかのツアーをまとめて10〜15人ぐらいになるようにボートに乗せ、ガイドがついてボートは出発します。

ツアーの持ち物チェック

ツアーに参加する注意としては、行くところは砂丘やビーチなど日陰がなく日差しが強いので、日焼け対策が必要です。具体的には、帽子やサングラス、日焼け止めをぬって参加です。また、砂丘は土足厳禁な上、他にも行く場所は砂地なので、足元はすぐ脱げるサンダルがいいでしょう。飲み物は現地で買えますが、小さな水のペットボトルぐらいはあったほうが安心です。また、砂丘の湖に入る人は、水着を忘れずに。できれば最初から着用して行った方が楽です。(その2につづく)