ブラジルの美しい川の美しい水辺

ブラジル南西部にあるボニートの町の周辺には、澄んだ水が流れる川が多く、その透明度は驚くほど高いです。川遊びはもちろん、シュノーケリングやダイビングで訪れる観光客の多いところです。単にきれいな川で泳ぐのでなく、ここでは多くの魚と泳ぐことができるプラタ川へシュノーケリングに行きました。その美しさは、まるで自分が太古の昔にタイムトリップし、汚染も何もない自然あふれる川で泳いだかの様です。

絵に描いたような綺麗な川で魚と一緒にシュノーケリング、ボニートのプラタ川 絵に描いたような綺麗な川で魚と一緒にシュノーケリング、ボニートのプラタ川

ツアーの値段におののくなかれ

ブラジルは南米一物価の高い経済国です。ツアーに参加せねば行けないプラタ川のシュノーケリング、南米価格としてはびっくりする値段です。しかし、この料金を払っても是非とも行って欲しいほどの場所です。ツアーは、ホテルまでの送迎、入場料、ウェットスーツとシュノーケリングセット込みの1日ツアーです。美しい木々に囲まれたこの川、強い日差しが入り込まないため、最も冷たいところで5度と聞きました。ウェットスーツ、ツアー後の防寒着が必須です。

緑に囲まれた川で見える、自然の美しさ

現地オフィス到着後、ウェットスーツを着て、徒歩で川まで歩いて向かいます。その間、美しい木々の中を歩きながら、ガイドの説明を聞きます。いよいよ、水辺に到着。その透明度は驚くほどです。川の上から水草、魚、川底すべてが鮮明に見えるのです。この川の環境を維持するため、ウエットスーツの浮力を利用し、バタ足をしないで泳ぐことを指示されます。川で自由に泳ぎ始めると、川辺で見た以上に魚や水草が見え、はるか向こうの川底まではっきり見えます。

川魚になって、自然にあふれる姿を体験

進むにつれて川の中の風景は、徐々に変化していきます。砂地の川底から、水草の多い茂る川底へ。木の根や古木が水の中の森を作り、そこに隠れ住む川魚。地上でなく水中の世界、視界一面に緑があふれ、そこに生きる生物たちと一緒に泳ぐ素晴らしさ、初めての体験です。再び砂地の川底が現れると、巨大な魚の群れに遭遇しました。同じ川でも環境によって、魚が住み分けしているのです。川のシュノーケリングは、ここボニートのプラタ川が絶対におすすめですよ!