世界遺産「オウロ・プレトの歴史地区(オーロ・プレト)」の詳細情報

ブラジルの世界遺産・名所ガイド

Historic Town of Ouro Preto

オウロ・プレトの歴史地区

名称:オウロ・プレトの歴史地区(ブラジル
英語名称:Historic Town of Ouro Preto
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1980年

ゴールドラッシュの中心地として発展した町

ブラジリア南東のミナス・ジェライス州に位置する。1693年にミナス・ジェライス州の川床で金の鉱脈が発見されてゴールドラッシュが始まり、10万人規模の都市へと発展した。18世紀の最盛期には、世界の金の6割が採掘された。金は19世紀に掘りつくされたが、当時の繁栄を伝える町並みが残されている。当時の宗主国だったポルトガル様式の豪華な建物が山間の斜面に並び、財を成した鉱山主が建てた壮麗な教会が目を引く。街を代表するミナス・バロック様式のノッサ・セニョーラ・ド・ピラール教会堂の装飾は、バロック彫刻家アレイジャジーニョの傑作で、約400kgもの黄金が使用されている。ほかにポルトガル統治時代のコロニアル建築のサン・フランシスコ・ジ・アシス教会や、ボン・ゼズス・マトジンニョ教会などが残る。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

オーロ・プレトに関する写真

現地ガイド発!ブラジルの世界遺産最新情報

2015/08/23 世界遺産

金で栄えた歴史の町オーロプレットで金鉱めぐり 前編

ブラジル旅行イメージ-オウロ・プレットの歴史探索は金鉱から オウロ・プレットの歴史探索は金鉱から

オーロプレットは、ミナスジェライス州のかつての州都でした。1690年に金鉱脈が見つかり、一獲千金を目指してブラジルはもとよりヨーロッパからも人が集まり、また労働力としてアフリカから多くの黒人が奴隷として連れてこられた場所でもあります。現在、「古都オーロプレット」として世界遺産に登録されています。金鉱の多くは閉鎖されていますが、いくつかは観光地として公開されています。私が訪れた3つの金鉱を紹介しましょう。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ブラジルの世界遺産「オウロ・プレトの歴史地区」についてご紹介します。オウロ・プレトの歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。