世界遺産「コンゴーニャスのボン・ジェズス聖域(ボン・ジェズス聖域)」の詳細情報

ブラジルの世界遺産・名所ガイド

Sanctuary of Bom Jesus do Congonhas

コンゴーニャスのボン・ジェズス聖域

名称:コンゴーニャスのボン・ジェズス聖域(ブラジル
英語名称:Sanctuary of Bom Jesus do Congonhas
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1985年

天才彫刻家アレイジャディーニョの作品がある

ブラジル南東部ミナス・ジェライス州にある、かつて金鉱で栄えた山間の町コンゴーニャス。この地を象徴する場所が、18世紀に建てられたボン・ジェズス・ジ・マトジーニョス教会堂をはじめとするボン・ジェズス聖域だ。白い教会堂の正面には、「ブラジルのミケランジェロ」とも称されるアレイジャディーニョによる、聖典を手にした12人の預言者の像が残されている。ポルトガル人建築家の父と黒人奴隷の母を持つアレイジャジーニョは、死の直前まで作業を続けていたという。周辺には6つの小礼拝堂があり、そこにもキリスト受難を題材とした合計64体の木彫が置かれている。いずれもラテン・アメリカ屈指のバロック芸術として評価が高い。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ブラジルの世界遺産最新情報

2015/08/23 世界遺産

金で栄えた歴史の町オーロプレットで金鉱めぐり 前編

ブラジル旅行イメージ-オウロ・プレットの歴史探索は金鉱から オウロ・プレットの歴史探索は金鉱から

オーロプレットは、ミナスジェライス州のかつての州都でした。1690年に金鉱脈が見つかり、一獲千金を目指してブラジルはもとよりヨーロッパからも人が集まり、また労働力としてアフリカから多くの黒人が奴隷として連れてこられた場所でもあります。現在、「古都オーロプレット」として世界遺産に登録されています。金鉱の多くは閉鎖されていますが、いくつかは観光地として公開されています。私が訪れた3つの金鉱を紹介しましょう。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ブラジルの世界遺産「コンゴーニャスのボン・ジェズス聖域」についてご紹介します。コンゴーニャスのボン・ジェズス聖域の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。