世界遺産「ディアマンティーナの歴史地区(ディアマンティーナ)」の詳細情報

ブラジルの世界遺産・名所ガイド

Historic Centre of the Town of Diamantina

ディアマンティーナの歴史地区

名称:ディアマンティーナの歴史地区(ブラジル
英語名称:Historic Centre of the Town of Diamantina
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1999年

ダイアモンドの採掘で栄えた植民都市

ブラジル南東部のミナス・ジェライス州の都市。地名はポルトガル語の「ダイヤモンド」の意味で、1720年に鉱脈が発見されてから繁栄。世界中のダイヤモンドの大部分を産出し、採掘者や投機家などの入植者で賑わった。周辺地域は豊かな自然に囲まれ、ポルトガルの中世の町をモデルにしたといわれる街並みは、曲がりくねった石畳、簡素だが重厚感あるバロック様式の建物が続く。聖フランシス教会は、1基の塔がポルトガル建築の特徴を示し、壁面には色彩豊かな幾何学模様の木彫りの装飾が施されている。建物をつなぐ青い壁面の歩道橋、ド・ブルガルアウ通りの美しい住宅、広場、街路、そしてナッサ・センオラ・ド・ルモ教会、市庁舎や旧市場ホール、ダイヤモンド博物館などが、昔ながらの面影を留めている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ブラジルの世界遺産最新情報

2015/08/23 世界遺産

金で栄えた歴史の町オーロプレットで金鉱めぐり 前編

ブラジル旅行イメージ-オウロ・プレットの歴史探索は金鉱から オウロ・プレットの歴史探索は金鉱から

オーロプレットは、ミナスジェライス州のかつての州都でした。1690年に金鉱脈が見つかり、一獲千金を目指してブラジルはもとよりヨーロッパからも人が集まり、また労働力としてアフリカから多くの黒人が奴隷として連れてこられた場所でもあります。現在、「古都オーロプレット」として世界遺産に登録されています。金鉱の多くは閉鎖されていますが、いくつかは観光地として公開されています。私が訪れた3つの金鉱を紹介しましょう。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ブラジルの世界遺産「ディアマンティーナの歴史地区」についてご紹介します。ディアマンティーナの歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。