世界遺産「ゴイアスの歴史地区(ゴイアス)」の詳細情報

ブラジルの世界遺産・名所ガイド

Historic Centre of the Town of Goias

ゴイアスの歴史地区

名称:ゴイアスの歴史地区(ブラジル
英語名称:Historic Centre of the Town of Goias
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2001年

金鉱脈発見により築かれた高原の植民都市

ゴイアスは、ブラジル中央高原に築かれた植民都市。18世紀前半、金鉱脈の発見を機に築かれた。かつてはゴイアス州の州都であった。ゴールドラッシュで押し寄せたバンディランテ(開拓者)が建設した都市で、ゴイアス文化発祥の地となった。聖フランシス教会や聖母マリア教会、ロサリオ教会などの宗教建築や、全体に同規格で統一されたコロニアル調の家屋が並ぶ。鉱山都市の好例といわれる街並みは、地元の職人が地元の素材を使ってつくり上げたもので、細かく敷き詰められた瓦の屋根は、この町の伝統的な様式である。金の発見で、ブラジルの人口は激増したが、18世紀の終わりに鉱脈が枯渇しはじめると寂れはじめた。しかし当地の風土に適したつくりのため、その景観は良好な状態で保存されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ブラジルの世界遺産最新情報

2015/08/23 世界遺産

金で栄えた歴史の町オーロプレットで金鉱めぐり 前編

ブラジル旅行イメージ-オウロ・プレットの歴史探索は金鉱から オウロ・プレットの歴史探索は金鉱から

オーロプレットは、ミナスジェライス州のかつての州都でした。1690年に金鉱脈が見つかり、一獲千金を目指してブラジルはもとよりヨーロッパからも人が集まり、また労働力としてアフリカから多くの黒人が奴隷として連れてこられた場所でもあります。現在、「古都オーロプレット」として世界遺産に登録されています。金鉱の多くは閉鎖されていますが、いくつかは観光地として公開されています。私が訪れた3つの金鉱を紹介しましょう。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ブラジルの世界遺産「ゴイアスの歴史地区」についてご紹介します。ゴイアスの歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。