page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

イグアス旅行・イグアス観光徹底ガイド

イグアス旅行・観光の見どころ・観光情報

ブラジルばかりでなく、世界を代表する絶景のイグアスの滝。北米のナイアガラ、アフリカのビクトリアの滝と並ぶ世界三大瀑布の一つだが、その水量は他の2つを圧倒的にしのいでいる。この大瀑布はブラジルとアルゼンチンの国境にかかっているため、両国それぞれの方向から観光するコースが一般的だ。ブラジル側の町はフォス・ド・イグアスで、ツアーではこちら側に泊まることが多い。ブラジル側のイグアスの滝の魅力は、滝のすぐそばまで近づけること。展望台からのビューはもちろん、川に突き出た桟橋ではびしょびしょになりながらも、滝の迫力に身を任すことができる。(2016年9月編集部調べ)

イグアスへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/13現在) フライト時間 現地との時差
ポルトガル語 BRL 1 BRL = 19.04482 約23.0時間 約-12時間

イグアスの人気問合せ情報

イグアスの最安値カレンダー

イグアス旅行・観光の選び方

南米観光のハイライトだけに、周遊ツアーの多くに含まれている世界遺産

イグアスの滝を訪れるツアーの種類は多く、滝の見学を挟んでアルゼンチンのブエノスアイレスやブラジルのリオデジャネイロの都市に滞在する、2カ国を周遊する形が多い。ツアー期間は、最短8日間からで、イグアスの滝自体の観光は、ブラジル側からの見学に1日、アルゼンチン側からに1日を費やすのが一般的だ。ただし、ペルーのマチュピチュやボリビアのウユニ塩湖などと共に南米の見どころを駆け足で回るツアーの場合は、イグアスの滝はブラジル側のみ観光というパターンもある。滝は大観光地なので国立公園の土産物屋も充実している。食事では、ブラジル風バーベキューの「シュハスコ」を食べてみたい。(2016年9月編集部調べ)


イグアスのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示

イグアス国立公園はブラジルとアルゼンチンにまたがるため拠点となる町が両国にあり、そのため郷土料理はもちろん、2カ国の食事を楽しむことができる。グルメにおすすめしたいのは、イグアス周辺で獲れた大ナマズのスルビという川魚の料理だ。臭みがなく、味は淡白で脂ののりもよく、焼いて塩とレモンだけでも美味しいが、クリームソースの料理もある。ブラジルならシュラスコ、アルゼンチンならアサードと呼ばれる肉料理もおすすめだ。(2015年編集部調べ)

イグアスのショッピング情報

イグアス周辺ならではの名産には特にこれといったものはないが、イグアスの滝の写真集やポストカードなどは滝のそばの土産物屋でも手に入る。国立公園に生息するアナグマやカピバラなどの珍しい動物をモチーフにした木彫りの人形などの民芸品は、プエルト・イグアス(アルゼンチン)やフォス・ド・イグアス(ブラジル)の町でも手に入れることができる。また、周辺には先住民のグアラニー族が今も生活をしており、伝統的な手工芸品を土産用に販売している。(2015年編集部調べ)

イグアスの気温・降水量ベストシーズン情報

滝の迫力なら雨季と雨季直後の11月〜5月。ただ、水しぶきのため全体が見にくかったり、遊歩道に入れないことも。乾季の8月〜10月なら天気も良く安心。冬は15度以下になるので防寒を。滝に近づくなら濡れてもいい服装で。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!イグアスの観光最新情報

  • イグアスのオススメツアー

    イグアス旅行・イグアス観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook