アマゾン観光で知られるブラジルのマナウス

アマゾン観光の基点として知られるブラジルの都市マナウスですが、市内にはこれといった見どころはありません。この都市が発展したのは、19世紀末の天然ゴムによる一大ブームによるものと、他の植民都市に比べて歴史が浅いこともあります。そんな中、町の中心部近くにあるセバスチャン広場に面して、中央にドームを抱いた華麗な建物があります。これが、1896年に建てられた「アマゾナス劇場(テアトロ・アマソナス)」です。

かつての繁栄の歴史の名残。パリのオペラ座を模したマナウスの「アマゾナス劇場」 かつての繁栄の歴史の名残。パリのオペラ座を模したマナウスの「アマゾナス劇場」

アマゾンの中に建てられた華麗な劇場

この劇場は、当時、天然ゴム景気に沸いた1896年に、ヨーロッパからの移住者たちがその財力を背景に建てたものです。イタリア・ルネッサンス様式の建物は、堂々とした正面ファザードと光り輝くタイルで覆われたドームが印象的です。このタイルや大理石の階段などの建築資材は、すべてヨーロッパから輸入されたと言います。内部の客席数は700。高さは5階まであります。それではこの劇場の中に入ってみましょう。見学は日曜を除く毎日、9時から17時まで、30分から1時間おきにガイドによるツアー形式で行われています。まずはチケットを買って、指定された時間に入口に並びましょう。

ガイドツアーによる見学

ガイドによるツアーの説明は、ポルトガル語、スペイン語、英語がありますが、スタートする時間によって分かれていたので、私は英語のツアーを選びました。まず、一階座席部分を見学します。そこから上の客席から見上げると、高すぎて上のほうの席はもう見えません。ここでは天井の絵画に注目です。これはパリのエッフェル塔を下から見上げたように描かれているのです。今ではエッフェル塔というとレトロなイメージですが、当時としては最新のモダンなデザインだったのでしょうね。

二階以上はバルコニー席のみ

二階以上はバルコニーのボックス席になります。だから実際にはかなり縦長のようなイメージです。一番見やすい二階がお金持ち用の席で、そのため二階には歓談用のサロンがあります。このサロンには、イタリア人作家による天井画がありますが、その中央付近に描かれた女神の視線は、部屋のどこに立っても常に自分に注がれているようになっています。また、この見学ツアーでは、出演者の控室も見られるのも貴重です。各階には、今までの公演の衣装や過去の出演者の持ち物なども展示されています。現在、このアマゾナス劇場では、週末を中心に生演奏のプログラムが組まれていますが、とくにクラシック系というわけではなく、ジャズやロックのコンサートも行われたりするようです。もしマナウスに行く機会があったら、ホームページでスケジュールをチェックしてみるといいでしょう。