いざ、憧れのアマゾンへ!

ブラジルというとみなさん何を真っ先にイメージしますか? 今ならきっとサッカーでしようか。私は子供のころに見たテレビのドキュメンタリー番組の影響が強いせいか、「アマゾン」が真っ先に浮かびます。世界最大の大河アマゾン川、密林の猛獣、川に落ちたらあっという間に生き物を食らい尽くすというピラニア、風景が変わらない船旅…。そんなイメージがあったせいか、2014年の夏、初めてのブラジル行きにも関わらず、リオもサンパウロも行かずに、まずアマゾンに行くことにしました(笑)

ブラジル有数の観光地、アマゾン川流域の現地発ジャングルツアーに参加してみた(その1) ブラジル有数の観光地、アマゾン川流域の現地発ジャングルツアーに参加してみた(その1)

まずは観光の拠点となるマナウスへ

アマゾン観光の拠点となる都市は、マナウスです。2014年のW杯でも試合会場のひとつとなった、アマゾナス州の人口200万人の都市です。治安が心配されるブラジルですが、このマナウスはのんびりとした地方都市といった趣で、ブラジルの中では治安がいいそうです。日本からのツアーですでにアマゾン観光も含まれている方は別ですが、個人旅行でマナウスにやってきた旅行者は、ここにある旅行会社かジャングルのロッジを通じて、アマゾンのジャングル観光を申し込むことになります。

日本発ツアーが利用するようなロッジの場合は

日本からのツアーが利用するような市内から離れたジャングルロッジは、たいてい宿泊だけではなく空港への送迎とジャングルツアー、全食事が組まれたツアーパッケージになっているので、着いてから観光をどうしようと心配することはありません。その分、値段もお高いですが、あれこれ心配しないですむのがいいですね。こうしたロッジは、ネットや旅行会社を通じて、早めに予約するのが一般的です。

マナウスのどこでツアーを申し込む?

それでは市内の旅行会社で申し込めるツアーにはどんなものがあるでしょうか。町の中心のアマゾナス劇場のある広場の北に、旅行会社が並んでいますが、ツアー内容はだいたいどこも同じ。ただし、宿泊施設や食事の良し悪しは料金によってかなり差があるようです。また、料金も多少は人を見て決めているところもあるので、同じツアーなのに値段が皆バラバラということもありました。また、安いツアーは若者ならいいですが、年配の方にはちょっと辛いところがあります。旅行会社によって契約しているロッジも違うので、いくつか回って決めてみるのがいいですね。時間のない方は、事前にメールで内容を問い合わせておいたほうがいいでしょう。(その2に続く)