現地発ツアーの料金はどのくらいが目安?

アマゾンの現地発ジャングルツアーは2泊3日〜3泊4日、あるいは日帰りのパッケージになっています。その間のツアー代、宿泊代、食事代は込みになっています。1日当たり80米ドル〜140米ドルぐらいでしょうか。一方、設備も立派で、空港からの送迎もついた、日本からのツアー客でも満足できるようなロッジは、2泊3日のパッケージで700米ドル〜1000米ドルと料金は倍ほども違いますが、これはその分、すべてにおいて質が高いということでしょう。

ブラジル有数の観光地、アマゾン川流域の現地発ジャングルツアーに参加してみた(その2) ブラジル有数の観光地、アマゾン川流域の現地発ジャングルツアーに参加してみた(その2)

どのエリアのツアーが一般的?

人が集まりやすい、典型的な2泊3日ツアーでは、マナウスから南西にボートと車を乗り継いで3〜4時間行った、ジュマエリアのものが多いようです。私はここにあるポサーダ(民宿)とジャングルに1泊ずつ泊まる、バックパッカー向けの安いツアーに参加しました。が、後から、「お金を出して、もう少しいいツアーに参加しておけば良かったかな」と少し後悔もしました。というのも、安いなりに快適さやガイドの質が落ちる感じがしたのです。

バックパッカー向けの2泊3日ツアーに参加

私が参加した2泊3日ツアーの内容を書きましょう。朝9時にマナウスの旅行会社に集合。車で港に向かい、ボートで対岸に渡ります。ツアー参加者は私のほかに、オーストラリア人の若者4人とドイツ人の女性1人でした。説明はすべて英語です。対岸に渡るとバンが待っていてこれに乗り、およそ小一時間走って、狭い水路を行くボート乗り場へ移動。ここからボートにまた乗り、小一時間で宿泊するポサーダに到着です。リゾートとは程遠い、簡素な宿でした(笑) そこでビュッフェの昼食を取り、14時半ごろジャングルの中のキャンプ地へ小さなボートに乗り換えて向かいます。ボートはスピードが遅い上に屋根がなく、その上晴れていたのでかなり直射日光を浴び、ちょっと辛かったです。日焼け止めと帽子は必携ですね。でないと後が大変なことになります。

ツアー1日目はジャングルの中で宿泊

2時間ほどでキャンプ地に着きます。他のツアーはどうかわかりませんが、前に参加したベネズエラのエンジェルフォールツアーに比べると、キャンプ地はもっと簡素なものでした。屋根しかないのは同じなのですが、自家発電の電気はなく、夜は真っ暗です。料理もガイドがひとりで火を起こして作ります。だからか、私が参加したツアーでは、自分でハンモックを吊る(ハンモックは向こうで用意しますが)、火を起こす手伝いをするなどが前提のようでした。食事もご飯とサラダとチキンを焼いたものというシンプルなもので、食器類も清潔とはあまり言えませんでした。食後はボートで湖面に漕ぎ出し、ガイドがワニを探しました。ワニはいませんでしたが、周囲に明かりがない、満天の星空が非常に美しかったです。(その3に続く)