神秘的な滝の洞窟から

前編で紹介した「アンドリニャスの滝」は、知名度がないにもかかわらず神秘的な姿を見せる洞窟で、その場所は周囲の山と比較すると山の中腹に位置します。この場所の下は切り立った岩の崖が広がり、ここから見渡す山々の景色はとても素晴らしいものです。ふと、その視界の中に変わった奇形の岩があることに、私は気が付きました。それは通ってきた岩場から、水平に大きく突出した奇岩でした。

スネークヘッドに立ってみよう スネークヘッドに立ってみよう

天然のバンジージャンプ台?

この岩は巨大な蛇の頭に見え、その下は木々が生い茂り、バンジージャンプができるほどの高さです。驚いたことにそこではなんと地元の人が昼寝をしていました。もちろんこれは自然の岩であり、バンジージャンプのためではないので柵がなく、人が立ち入れると思えないような場所だったのです。けれどもそこで昼寝をしている人が山々に囲まれた空中に座している様に見え、私の関心を一気に惹きつけました。

自己責任で判断した結果

冒険心の塊である私は、この蛇の頭に立って空中散歩をしている姿を写真に収めたくなりました。しかし、一人でできることではありません。たまたま一緒に来ていた人にカメラを託して撮影を頼み、この蛇の頭へ向かいました。滝へ来る途中にあった柵を越えるので危険を伴うのです。岩の上に立った時、この場所から見える景色だけでなく大地が自分の足下からはるか下にあるというスリルに私は大興奮状態でした。遠くから撮影してもらった私の写真は感動的なものでした。

まだまだ知らない場所を求めて

この洞窟の中にある滝と蛇の頭の岩はインターネットにもガイドブックにも情報がなく、地元の人ならではのすばらしい場所でした。旅先の人とコミュニケーションをとれば、こんな場所を自分で見つけることができます。ただ、観光用に整備されておらず危険な場合もありますので自己判断も必要です。まだまだ、知られていない場所へ訪れてみましょう。