page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ブラジル・リオデジャネイロ・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

2013年オープンの美しい新名所「リオ美術館」


掲載日:2015/02/28 テーマ:美術館・博物館 行き先: ブラジル / リオデジャネイロ

タグ: カフェ 素晴らしい 美術館


波形の屋根で繋がれた美しい外観の美術館

2軒の隣り合う建物を波形の屋根で関連づけたリオ美術館の外観 2軒の隣り合う建物を波形の屋根で関連づけたリオ美術館の外観

2013年3月に開館したリオ美術館(Museu de Arte do Rio - MAR)は、美術展と教育プログラムを実施する文化施設。1916年築のドン・ジョアン6世の邸宅と、元バスターミナルだというモダンなビルを波形の屋根で繋いだユニークな建築です(ベルナルデス+ヤコブセン建築設計事務所)。リノベートされた豪邸は、展示ホールとして使用され、モダンなビルはEscola do Olharという教育施設となっています。

屋上からも見渡せる、開発中の港湾エリア

リオ美術館の屋上からの眺め リオ美術館の屋上からの眺め

リオ美術館のある港湾エリアは、現在リオ市がト「ポート・マラヴィーリャ」と名付けた再開発プロジェクを進める地区。美術館の屋上からも、この港を見渡すことができます。豊かな歴史のある地区にも関わらず、治安面からも観光客が近寄らなかったエリアですが、この美術館のオープンを皮切りに、変わろうとしています。2015年には、「Museu do amanha(明日の美術館)」と呼ばれるサステナビリティの美術館の開館も予定されているそうです。

まずは、エレベーターでビルの最上階へ

エレベーターの前にあるエマヌエル・ナサールの作品「A fachada」(1989) エレベーターの前にあるエマヌエル・ナサールの作品「A fachada」(1989)

リオ美術館を見学するには、まず、エレベーターでEscola do Olharの最上階へ上ります。そこから、展示室となっている邸宅部分を順に見て行くことになります。3フロアに渡る企画展、それから地上階は、リオにまつわる展示になっています。国外ではなかなか見ることができない、現代のブラジル人アーティストの作品も多く、興味深いですよ。また、冷房完備なので、暑い時間帯の観光にお勧めです。

レストラン、カフェ、ショップもチェック

リオ美術館に入るショップ リオ美術館に入るショップ

レストラン「マウア」は、Escola do Olharの最上階にあり、美しい眺めを楽しみながら食事ができます。入り口すぐの広場には、「クリストヴァン・カフェ&ビストロ」と「ノヴォ・デゼニョ」ショップが入っています。リオ近代美術館(MAM)と、こちらに入るミュージーアムショップは、なかなか他では手に入らないリオの景観をモチーフにしたおしゃれなアイテムも多く、ちょっと気の利いたお土産探しにもお勧めですよ。

関連情報

インタラクティブなアートエリアで作品を作る少女 インタラクティブなアートエリアで作品を作る少女

Museu de Arte do Rio (o MAR)
住所: Praça Mauá, 5, Centro - Rio de Janeiro
電話:(21) 3031 2741
定休日:月曜
営業時間:火曜 10時 〜 19時、水曜 〜 日曜 10時 〜 17時
入場料:R$8.00 学生、5歳以下の児童、60歳以上のシニアなど半額 (火曜日無料)
最寄り駅:地下鉄Uruguaiana駅
http://www.museudeartedorio.org.br/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/02/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索