page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ブラジル・サンパウロ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

サンパウロで1カ所だけ選ぶなら・・・見所満載のイビラプエラ公園はいかが?


掲載日:2010/02/26 テーマ:観光地・名所 行き先: ブラジル / サンパウロ

タグ: 音楽 公園 美術館


大都会のオアシス、イビラプエラ公園

ジャカランダの花とマルチメディア噴水 ジャカランダの花とマルチメディア噴水

サンパウロの街中にあるイビラプエラ公園は、ニューヨークのセントラルパークにも比べられる、市民の憩いの場所。老若男女、貧しい人から富裕層まで誰もが思い思いに過ごす様子が見られます。現地の人に混ざって、広大な緑の中を散歩やジョギング、サイクリングしてみるのもいいかもしれません。また、せっかくだから観光を、という方もきっと満足できる施設がたくさんあります。
治安も悪くないので、土日の夜ならば、市制450年を記念して作られたマルチメディア噴水の水と光のショーを見に行くのはいかがでしょうか。

ブラジルを代表する建築家/造園家のデザイン

サンパウロファッション・ウィーク開催中のビエンナーレ サンパウロファッション・ウィーク開催中のビエンナーレ

この公園は、世界遺産、ブラジリアの設計で有名なオスカー・ニーマイヤーとブーレ・マークスがデザインしたもの。園内のあちこちに、オスカー・ニーマイヤーらしい建物が見られます。代表的なものが、ビエナル・パビリオン(Pavilhao da Bienal)。サンパウロビエンナーレや、南米最大のファッションショー、サンパウロ・ファッション・ウィークの会場としても利用されます。また、2005年に完成したイビラプエラ講堂(Auditorio Ibirapuera)も目を引くユニークな建物です。

美術館やプラネタリウムを巡るひと時も

近代美術館(Museu de Arte Moderna) 近代美術館(Museu de Arte Moderna)

公園内には3つの美術館があります。1つはビエナル・パビリオンの3階にある現代美術館。それから、ラテンアメリカ最初の近代美術館、MAM(Museu de Arte Moderna)。こちらは20世紀のブラジル人アーティストの作品が集まる彫刻の庭と隣接しています。また開放的なレストランも入っています。そして、ブラジル文化に興味がある方には是非訪れていただきたいアフロブラジル美術館。黒人文化に関連した3千の作品があるそうです。
また園内には、南半球の星空が間近に迫って見えるプラネタリウムもあります。

日本文化に、音楽イベントだって充実

ニーマイヤーデザインのイビラプエラ講堂 ニーマイヤーデザインのイビラプエラ講堂

日本人なら思わず足を止めてしまう、桂離宮のレプリカもあります。こちらは、1954年に日本コミュニティがサンパウロ市に寄贈したもので、現在はお茶会や日本文化の展示に使われています。
更に、この公園では音楽イベントも盛んです。特に週末は、多くのフリーコンサートが行われます。またイビラプエラ講堂では、様々なジャンルのライブが行われています。
どんな人もきっと楽しめるこちらの公園。出張や乗り継ぎで、思いがけずサンパウロで時間ができた・・・と過ごし方に悩んだなら、イビラプエラ公園へ向かってみては?

白鳥、黒鳥、アヒルなども多い園内 白鳥、黒鳥、アヒルなども多い園内

イビラプエラ公園(Parque Ibirapuera)
住所:Avenida Pedro Alvares Cabral, s/n
電話:11-5574-5177
開園時間:5h-24h

マルチメディア噴水(Fonte Multimidia)
マルチメディアショーは土日20h35から21h30まで。

ビエナル・パビリオン(Fundacao Bienal)
http://bienalsaopaulo.globo.com

イビラプエラ講堂(Auditorio Ibirapuera)
http://www.auditorioibirapuera.com.br

現代美術館(Museu de Arte Contemporanea)
www.mac.usp.br

近代美術館(Museu de Arte Moderna)
www.mam.org.br

アフロブラジル美術館(Museu Afro Brasil)
www.museuafrobrasil.com.br

日本パビリオン(Pavilhao Japones)
開園:水、土、日、祝 10h-12h, 13h-17h

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/02/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索