page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ブラジル・サンパウロ・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

一度は泊まってみたい!「ユニーク」なデザイナーズホテル


掲載日:2011/02/13 テーマ:憧れホテル 行き先: ブラジル / サンパウロ

タグ: デザイナーズホテル 一度は行きたい 建築


ルイ・オオタケ氏デザインのブティックホテル

船のようなホテル・ユニークの外観 船のようなホテル・ユニークの外観

ホテル・ユニーク(Hotel Unique)は、その名の通り、サンパウロの新名所と言われるほど個性的なホテルです。駐日ブラジル大使館も設計した著名な建築家、ルイ・オオタケ(Ruy Ohtake)氏がデザインを手がけました。その外観は、船のよう。コンクリートの柱で固定された半円の船体は、錆びたよう銅で覆われ、丸窓が並んでいます。曲線を描いた船底に当たる部分と屋上のデッキは、美しい木製。世界のセレブも泊まるというこのホテルなら、サンパウロ滞在がより楽しくなるかもしれません

スタイリッシュなインテリアとサービス

スタイリッシュなロビーと宿泊客専用のバー スタイリッシュなロビーと宿泊客専用のバー

ホテルのインテリアは、ジョアン・アーメンタノ(Joao Armentano)が担当。オオタケ氏のドラマティックな建築を活かしながらも、リラックスできる空間に仕上げたことで評価されています。外観からは想像しがたい、光溢れるロビーの受付でチェックインをすると、フレンドリーなスタッフから、ウェルカム・シャンパンが手渡されます。もう少し飲んで行きたい方は、ロビー奥の壁を使ったゲスト専用のバー「The Wall」へどうぞ。お勧めは、ホテルオリジナルのキュウリ入りカクテル「キューカンバー・マティーニ」です。

快適な滞在を約束する客室とアメニティ

斜めの壁がユニークな「船の端」に当たるスイートルーム 斜めの壁がユニークな「船の端」に当たるスイートルーム

照明を落としたエレベーターに乗り、曲がりくねった暗い通路を抜けると、突き当たりが客室になっています。室内は白を基調にした清潔で明るいイメージ。丸窓から、イビラプエラ公園や街並が眺められます。また、船の端に当たる部屋は、建物の構造をそのまま活かした斜めの壁が個性的な作りです。早速、ギフトのハワイアナスに履き替え、サービスで届くココナッツ・ウォーターでも飲んでリラックスしてみては。もっとリフレッシュしたい方は、地下のスパ&ジムへどうぞ。サウナから出ると、プールに続く滑り台が待っています。

街でも人気のSkyeで楽しむ食事と眺望

サンパウロが一望できるスカイ・バー&レストラン サンパウロが一望できるスカイ・バー&レストラン

このホテルで外せないのは、屋上のレストラン&バー、スカイ(Skye)で過ごすこと。このおしゃれスポットからは、サンパウロの街並が一望できます。また、著名なフランス人シェフ、エマヌエル・バソレイユ(Emmanuel Bassoleil)の食事を楽しめます。一般にも開放されているスカイには毎晩DJが入り、週末の夜は、順番待ちになるほど人気です。ただしゲストは、専用エレベーターでいつでも入店できます。また、日中、デッキの深紅のプールはゲスト専用となります。プールに潜ると音楽が聞こえるそうですよ。

【関連情報】

スカイからの夜景(広報用写真) スカイからの夜景(広報用写真)

Hotel Unique
住所:Avenida Brigadeiro Luis Antonio, 4700 - Jardim Paulista Sao Paulo
電話:(55)11-3055-4710
http://www.hotelunique.com.br/
カテゴリー: 5つ星 客室数:95

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/02/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索