page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ブラジル・リオデジャネイロ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カラフルなタイルに圧倒される「セラロンの階段」


掲載日:2015/01/31 テーマ:観光地・名所 行き先: ブラジル / リオデジャネイロ

タグ: おもしろい 一度は見たい 街歩き


一度は登ってみたいカラフルなモザイク階段

セラロン氏が制作したモザイク階段 セラロン氏が制作したモザイク階段

セラロンの階段(Escadaria Selarón エスカダリア・セラロン)は、リオ旧市街とサンタ・テレザ区を結ぶ全長125メートル、215段の長い階段です。この階段は、赤を基調にした鮮やかなタイルで飾られたアート作品になっていて、世界各国から多くの人が訪れます。私は下(ラパ地区)から登りましたが、上(サンタテレザの丘)側にもツアー用のバンが止まっていました。下から見上げるとタイルがよく見えます。

故セラロンさん宅前の階段

ブラジルの国旗をイメージしたモザイク ブラジルの国旗をイメージしたモザイク

この階段を作ったアーティストは、世界50以上の国々を旅した後、1990年、母国チリからリオ市に移住したホルへ・セラロン(Jorge Selaron)さん。亡くなる2013年まで、約20年もの年月をかけて、自宅前の階段を飾りました。もともとは、自宅前だけを飾っていましたが、次第にご近所の理解を得て、「ブラジル人に捧げる」彼のライフワークとなったそうです。使われているタイルは、2000枚以上。60カ国以上から集められたんだとか。

リオのシンボルとして登場

セラロン氏が好きだという赤色は、チリの国旗に使われる色でもあります セラロン氏が好きだという赤色は、チリの国旗に使われる色でもあります

海外でも知名度の高いこの階段。ブラジルのソープオペラやキャンペーン映像はもちろん、U2の"Walk on"やSnoop Dogg "Beautiful ft. Pharrell Williams)"といったミュージックビデオや、「インクレディブル・ハルク 2」などの映画にも登場しています。確かにどこに立っても、一目でセラロン階段だと分かる、個性的な「絵になる」写真や映像が撮れますよ。

ディティールの発見も楽しみ

セラロン階段には、いろんな発見があります セラロン階段には、いろんな発見があります

全体の彩りにも圧倒されますが、世界中から集められたタイルや、画家であるセラロンさんが描いた妊娠中の黒人女性の黄色いタイルなど、タイル1枚1枚を見るのも楽しみの1つです。日本人なら、採用されている「阪神タイガース」タイルが気になるでしょうか?階段の下部のラパを背にして左側にありますよ。日本人だと分かると、その辺でたむろしている近所の人たちが教えてくれると思います。ただし、治安がそれほど良いエリアではないので、カメラなど身の回りのものに気をつけて、明るいうちに訪れるようにしてくださいね。

関連情報

日本のタイル 日本のタイル

Escadaria Selarón
住所:Rua Teotônio Regadas,Centro,Rio de Janeiro

カリオカ水道橋(Arcos da Lapa)から徒歩5分
最寄駅:Cinelândia

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/01/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索