page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

サン・ペドロ・デ・アタカマ旅行・サン・ペドロ・デ・アタカマ観光徹底ガイド

サン・ペドロ・デ・アタカマ旅行・観光の見どころ・観光情報

チリ北部最大の観光地、アタカマ高地へのツアーの基点となる小さな町。標高約2400メートルの高地にあり、“世界一乾燥した砂漠”アタカマ砂漠に囲まれている。1540年に誕生したチリ最古の町で、アドベという日干しレンガで造られた建物が並び、のどかな雰囲気。世界で最も高地にあるタティオ間欠泉と天然温泉、フラミンゴのコロニーがあるアタカマ塩湖、荒涼とした風景が月面のような月の谷、泳げる塩の湖「セヤス湖」など、周辺の見どころはまるで別世界を感じさせるものばかり。夜は満天の星空を眺めるのがおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

サン・ペドロ・デ・アタカマへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/13現在) フライト時間 現地との時差
スペイン語 CLP 1 CLP = 0.13270 約31.5時間 約-13時間

サン・ペドロ・デ・アタカマの人気問合せ情報

サン・ペドロ・デ・アタカマの最安値カレンダー

サン・ペドロ・デ・アタカマ旅行・観光の選び方

ボリビアからチリへと南米の高地を南北に縦断するツアーで立ち寄る

サン・ペドロ・デ・アタカマ単独のツアーはほとんど設定されておらず、ボリビアのウユニ塩湖やラパスなどと組み合わせの、ボリビアとチリ縦断のツアーが中心だ。タティオ間欠泉やアタカマ塩湖、月の谷など周辺の観光名所と、絶景で知られるボリビアのウユニ塩湖が楽しめる。おみやげには昔ながらの職人たちによって作られたリャマやアルパカのセーターや毛織物。アタカマ砂漠で発掘されたプレ・コロンビア期の焼き物「アタカマ・ポッタリー」のレプリカや、周辺の岩に描かれたペトログリフをモチーフにした雑貨、チリ名産ラピスラズリのアクセサリーも見逃せない。(2016年9月編集部調べ)


サン・ペドロ・デ・アタカマのグルメ・伝統料理

この町特有の料理はとくにないが、チリの庶民派グルメが味わえる。高地にある砂漠地帯なので、肉料理が中心だ。代表的なのは、スパイスで炒めた挽き肉や玉ねぎにとうもろこしのペーストをかけてオーブン焼きした「パステル・デ・チョクロ」。「エンパナダス(ミートパイ)」や「ビルビル(チリ風アヒージョ)」は、食事にもチリワインやピスコサワーのおつまみにもおすすめだ。チキンやビーフのバーベキューにポテトやサラダ、デザートなどがついた定食は、安くてボリュームもたっぷり。(2015年編集部調べ)

サン・ペドロ・デ・アタカマのショッピング情報

アルマス広場の周りに広がる町の中心エリアは、ほんの500メートル四方くらい。とても小さな町なので、免税店やショッピングモールなどの大型商業施設はない。高級ブランドとも無縁だ。ショッピングを楽しむなら、広場北の通りがそのままアーケード風の民芸品市場になっている「Feria Artesanla」、レストランやショップなど観光客向けの店が集まっているカラコレス通りを歩いてみよう。きっとお気に入りのグッズが見つかるはず。(2015年編集部調べ)

サン・ペドロ・デ・アタカマの気温・降水量ベストシーズン情報

極度に乾燥した地域で、一年を通して天気がよく、雨はほとんど降らない。季節よりも1日の寒暖差が大きい。強風が吹くこともあり、ウインドブレーカーや防寒具を持参するなど服装には十分注意しよう。高地なので紫外線が強く、日焼け対策も万全に。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!サン・ペドロ・デ・アタカマの観光最新情報

  • サン・ペドロ・デ・アタカマのオススメツアー

    サン・ペドロ・デ・アタカマ旅行・サン・ペドロ・デ・アタカマ観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook