サンチアゴグルメ・料理ガイド

サンチアゴグルメガイド

サンチアゴのグルメ・伝統料理

サンチアゴの食事は、野菜、魚介類も豊富で日本人の口に合うものが多い。中でも、新鮮なウニやタラバガニは人気。貝類のスープやグリル、コングリオ(穴子に似た魚)もおいしい。もちろん郷土料理には、肉を使ったものも多く、チリ風炭火焼きや「カスエラ」と呼ばれるポトフ風スープは特にポピュラー。ひき肉をパン生地で包んで焼いた「エンパナーダ」やアボガド、トマトがたっぷり入ったサンドイッチといったスナックも各地で手軽に楽しめる。(2015年編集部調べ)


サンチアゴのレストラン・屋台

サンチアゴでは各地にお手頃で美味しいレストランがあり、食事に困ることはあまりない。中央市場には、たくさんの屋台やレストランが入っていて、生ウニ、ピコロコ、チリのアワビ(ロモ)、レーザークラムといった貝類など、取れたばかりの新鮮な魚介類を食べられる。近年は、醤油を置いてある店も増えている。予約が必要な高級レストランでも、日本で高価な食材が比較的安価に楽しめる。南米の都市の中では、サービス、衛生面も比較的レベルが高い。夕食のスタートは比較的遅く、20時以降にオープンするレストランも多い。

サンチアゴの水・お酒

水道水を飲んでも健康上問題はないが、あまり美味しくない。ミネラルウォーターは、ガス入り(「コン・ガス」)、ガス無し(「シン・ガス」)が選べる。お酒は、スーパーや酒屋などで簡単に購入することができる。ID提出なども特に必要がない。中でもワインが最も一般的なお酒で、見学/試飲が可能なワイナリーも各地にある。国民的カクテル、ピスコサワーも食前酒として人気。チリのピスコサワーは、ペルーの同名カクテルよりも卵白が少ない/入っていないもので、爽やかな味わい。


現地ガイド発!サンチアゴのグルメ・料理最新情報

2016/06/10 グルメ

チリ人の詩人ビセンテ・ウィドブロの家を改装して作られたオシャレなレストラン

サンチアゴ旅行イメージ-コンチャ・イ・トロの中心に建てられた噴水。この広場では不定期にフリーマーケットなどのイベントが開催されています。 コンチャ・イ・トロの中心に建てられた噴水。この広場では不定期にフリーマーケットなどのイベントが開催されています。

サンティアゴの旧市街、地下鉄1号線「Republica駅」を降りてすぐの場所に、コンチャ・イ・トロと呼ばれる小さな地区があります。この地区は20世紀初頭に高級住宅地として発展した場所で、まるで小さなお城のような豪邸が石畳が広がる小さな噴水のある広場を中心に造られています。建築様式は、ゴシック、新古典主義、アールヌーボなど様々な様式を取り入れた建物が建ち並び、当時の人々がヨーロッパをサンティアゴのこの一角へ復元したような美しい家並みが広がっています。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


サンチアゴグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるサンチアゴの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
サンチアゴのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!