page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チリ・サンチアゴ・安宿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

サンティアゴの安宿といえばここ!


掲載日:2013/04/19 テーマ:安宿 行き先: チリ / サンチアゴ

タグ: ひとり旅 安宿 節約


フレンドリーなアメリカ人のおじさんが運営するタレスホステル

古い建物が残るConcha y Toroの一角に佇む、隠れ家的なホステル。写真中央奥にある二階建ての建物の真ん中のドアがタレスの入り口です。 古い建物が残るConcha y Toroの一角に佇む、隠れ家的なホステル。写真中央奥にある二階建ての建物の真ん中のドアがタレスの入り口です。

サンティアゴの旧市街にフレンドリーなアメリカ人のおじさんが運営する安宿があります。おじさんの名前は「スコット」といい、気さくな笑顔で疲れた旅人を癒してくれます。スコットは以前たまたま休暇でチリを訪れた際、この国の大自然や人々のフレンドリーな性格にすっかり魅了されてしまい、チリに移住までしてしまった大のチリ好きなおじさんです。そんなスコットが4年前から運営をスタートしたのがタレスホステルです。

タレスホステルって、こんなところ

サンティアゴの中央市場で買った新鮮素材を使って共同キッチンでランチ。キッチン用品は共同で利用が出来ます。 サンティアゴの中央市場で買った新鮮素材を使って共同キッチンでランチ。キッチン用品は共同で利用が出来ます。

タレスホステルは、物価が上昇中のサンティアゴではずいぶん安く、多くのバックパッカーたちが利用しています。ドミトリー3部屋と4部屋のダブルルーム、そして1部屋のファミリールームがあり、キッチンや冷蔵庫、トイレ、シャワーは共同で利用が出来ます。建物の中心に作られた中庭では、旅行者たちがチリワインを持ち寄って旅話で盛り上がったり、旅の情報をお互い交換し合ったりすることもしばしば。料金が安く、居心地が良いのが理由でタレスについつい長居してしまう旅人も多いそうです。

日本人バックパッカーが多く集まる宿

タレスの中庭でスコットと、滞在中の日本人バックパッカーたち。 タレスの中庭でスコットと、滞在中の日本人バックパッカーたち。

ここのゲストハウスは親日アメリカ人が運営していることもあって、日本人バックパッカーが多く宿泊しています。本棚には日本語の本やガイドブック、日本語の情報ノートもあり、安心して居心地よく滞在することが出来ます。日本人の宿泊者たちも「スコットが面白くて優しいからくつろげる」(S.Hさん27歳)とか「空港からバス一本で宿に到着するから、アクセスが便利」(N.Mさん27歳)「高いホテルのようなすばらしいサービスや施設は期待出来ないけれど、アットホームで値段も安くて旅の情報交換をしたいバックパッカーにはオススメの宿だと思う」(Y.Wさん23歳)など話していました。

ただ泊まるだけじゃ、もったいない!

約2週間に渡ってタレスの宿泊者たちとチリ南部を旅するツアー。湖の前でテントを張ってキャンプファイヤーしながら食べるアサード(BBQ)はいちだんと旨い! 約2週間に渡ってタレスの宿泊者たちとチリ南部を旅するツアー。湖の前でテントを張ってキャンプファイヤーしながら食べるアサード(BBQ)はいちだんと旨い!

バックパッカーたちの多くは現地ならではの体験をしてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。ここの宿の面白いところはチリをもっと知るための情報が充実しているところです。例えば、タレスで無料のスペイン語と日本語の語学交流が行われたり、チリの田舎町でのボランティア体験場所を紹介していたり。それにタレスから出発する、チリ南部をキャンプや農業体験をしながら巡るツアーも行なわれています。タレスはただ泊まるだけじゃなく、他の旅行者と交流を深めたりチリという国をもう少し深く知りたい人にはオススメの安宿なのです。

【関連情報】

ドミトリー部屋の風景。日本人バックパッカーがほとんどで、安心して宿泊できます。 ドミトリー部屋の風景。日本人バックパッカーがほとんどで、安心して宿泊できます。

Tares Hostel
【住所】Concha y Toro 41,Santiago,Chile(地下鉄1号線República駅/北口)
【予約/問い合わせ】scshabitat@yahoo.com(英語かスペイン語)
【料金】ドミトリー6,000ペソ/ダブルルーム1部屋15,000ペソ/ファミリールーム3名以上で一人6,000ペソ
※シャワー、トイレ、キッチン、冷蔵庫は共同です。
【空港からのアクセス】
空港から地下鉄1号線Los Héroes駅まで空港バスで一本。駅からホテルまでは約徒歩7分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/04/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索