page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チリ・サンチアゴ・海外旅行の準備の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

チリは今が夏本番!!みんなが元気になる夏へようこそ


掲載日:2018/02/18 テーマ:海外旅行の準備 行き先: チリ / サンチアゴ

タグ: 夏休み特集 素晴らしい 癒し


チリを旅行するのに一番お勧めな時期

チリではプール付きのマンションや一軒家が一般的です。子供達も毎日のようにプールへ入り他の子供達と遊ぶのが日課です。 チリではプール付きのマンションや一軒家が一般的です。子供達も毎日のようにプールへ入り他の子供達と遊ぶのが日課です。

みなさんこんにちは、南半球のチリは今が夏本番。先日暑いクリスマスが終わり、サンティアゴでは打ち上げ花火と共に新年を迎え、早くも2018年に突入しました。クリスマスが始まる前から、チリの人々の気持ちはもはや休暇モードに入っている人が多い今日この頃です。チリの学校は全て12月下旬から3月にかけて長期休暇が始まり、大人もその時期に合わせて約2週間〜1ヶ月ほどの仕事休みを取ってバケーションに出かけるというのがチリ流の夏の過ごし方です。法律でも半年以上勤務している人全員に休暇が取れるように定められています。

チリの夏ってどんな感じ?

ホームパーティーが盛んに行われるこの時期は、屋上に備え付けられたバーベキュー施設でキロ単位の肉を焼きみんなで食べます。 ホームパーティーが盛んに行われるこの時期は、屋上に備え付けられたバーベキュー施設でキロ単位の肉を焼きみんなで食べます。

そんな夏本番で休暇モード真っ只中な1月のチリは、他の季節に比べてどこかリラックスして楽しそうにしている人を多く見かける時期でもあります。レストランやバーではテラス席でお昼から楽しそうにお酒を飲んでいる人で賑わい、公園やプールサイドで気持ち良い夏の風に吹かれながらのんびりと昼寝する人、ホームパーティーがあちこちで開かれどこからともなくバーベキューの良い匂いが漂ってくるのもこの時期です。チリの夏は日差しは強いものの湿度が少なく、日陰に入れば気持ち良く過ごせます。

チリを夏に旅行すると良い理由

チリのレストラン、カフェ、バーでは室内全席禁煙のためテラス席が多く設けられています。 チリのレストラン、カフェ、バーでは室内全席禁煙のためテラス席が多く設けられています。

反対に6月〜8月にかけてのサンティアゴの冬は、とても寒く雨や曇りの日が多く大気汚染で空気がかなり濁り、夏に比べると家の中に篭って過ごす人が多くなります。なので冬に旅行に来た人が、夏のサンティアゴを見ると空の色も青く全く違った印象を持つことだと思います。また夏場にチリを訪れると良い理由の一つに、チリ南部の絶景が広がるパタゴニアは冬になると寒さから道路などを閉鎖する場所が多いのでチリ南部の旅行を計画する人には夏場が絶好のチャンスです。

夏になったら食べたくなるもの

夏を代表するチリ料理のひとつ「パステル・デ・チョクロ」は大人も子供も大好きな人気料理です。 夏を代表するチリ料理のひとつ「パステル・デ・チョクロ」は大人も子供も大好きな人気料理です。

そんな夏シーズンが到来したらチリで食べたくなるものは、夏限定でフェリアと呼ばれる市場で出回る美味しいフルーツの数々。スイカ、いちご、さくらんぼ、もも、ぶどう、メロンなどを始めマンゴー、南米原産のパッションフルーツ、チリモヤ、ツナなど珍しいフルーツも多く並んでいます。またトウモロコシを使ったチリの夏を代表するチリ料理、挽肉と玉ねぎを炒めた上にペースト状のトウモロコシを乗せてオーブンで焼いた「パステル・デ・チョクロ」やトウモロコシの皮で包んで蒸した「ウミータ」もこの時期はレストランや売店などあちこちで見かけるようになる有名な夏料理です。

なかなか夜が来ないチリの夏

長距離を移動する電車が未だ整っていないチリでは、移動手段として自家用車や長距離バスを利用して旅行するのが一般的。 長距離を移動する電車が未だ整っていないチリでは、移動手段として自家用車や長距離バスを利用して旅行するのが一般的。

チリの夏は冬に比べてずいぶん日が長くなります。だいたい朝は7時前に日の出、夜は9時頃まで明るい日が続きます。夏のチリの夜は遅くまで外が明るいので、1日が長く公園では8時過ぎまで子供達が遊び、テラス席のあるバーは夕方から多くの人で賑わっています。日本から地球の反対側に位置するチリは飛行機で約30時間と遠い場所ですが、日本の真冬を飛び越えて、ぜひ日本とは一味違う南半球のチリに遊びに来てみてください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/02/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索