page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チリ・サンチアゴ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

サンティアゴの繁華街「ベジャビスタ地区」へようこそ!!


サンティアゴの中心地、歩いても楽しい街

写真の奥に映る「サンクリストバルの丘」はケーブル鉄道で登ることができ、頂上からサンティアゴ市内を一望できます。 写真の奥に映る「サンクリストバルの丘」はケーブル鉄道で登ることができ、頂上からサンティアゴ市内を一望できます。

みなさんこんにちは。チリ在住7年目にして始めてチリで引っ越しを経験しました。引っ越し先は今まで住んでいた場所から車で15分くらいと近場ですが、以前住んでいた地区とではずいぶん雰囲気も変わり新しい環境で生活を再スタートしているところです。今はやっと落ち着きましたが、環境の変化に慣れるのに少し時間がかかりました。さて、そんな新しい引っ越し先ですが、サンティアゴの中心地に位置する「ベジャビスタ地区(Barrio Bellavista)」という場所です。とてもエネルギーに溢れた面白い地区なので、今回のガイド記事でみなさんにご紹介したいと思い書いています。

観光客や学生たちで賑わう歴史的地区

観光客に人気の「パティオ・ベジャビスタ」。ここでは様々なレストランやお土産屋がひろがっています。 観光客に人気の「パティオ・ベジャビスタ」。ここでは様々なレストランやお土産屋がひろがっています。

ベジャビスタ地区は、もともとスペインの植民地時代に作られた歴史のある場所で、サンティアゴを流れるマポチョ川とサンクリストバルの丘の間に位置する場所に広がっています。国内外からの観光客も多く、チリ料理を始めペルー料理など様々なレストランやバーも数多く並んで、夜遅くまでとても賑やかな雰囲気です。他にも土産物屋、アートギャラリー、劇場、大学のキャンバスなどもあり、学生たちや観光客などでいつも賑わっています。

観光客に人気のスポット

パブロネルーダのサンティアゴ邸宅「ラ・チャスコーナ」。お洒落な雰囲気の家で、近くには可愛いカフェもあります。 パブロネルーダのサンティアゴ邸宅「ラ・チャスコーナ」。お洒落な雰囲気の家で、近くには可愛いカフェもあります。

特にベジャビスタ地区には、有名な観光スポットが二つあります。一つは、以前こちらのガイド記事でも紹介したことがある「サンクリストバルの丘」と、もう一つはノーベル賞を受賞したチリの国民的詩人「パブロ・ネルーダ」のサンティアゴの邸宅(現在は博物館)です。サンクリストバルの丘は1925年に作られ、今も現役で運行しているケーブル鉄道に乗って登ることができます。頂上にはマリア像が立ち、丘の上からサンティアゴの街を一望できる人気のスポットです。またパブロネルーダ邸宅「ラ・チャスコーナ」は丘のふもとにある、カラフルな家が並ぶ落ち着いた場所にあります。

お洒落で可愛いレストランやバーも沢山!

古い可愛い家が所々点在するベジャビスタ地区。壁に描かれたストリートアートも多いので、写真を撮りながらまち歩きも楽しいです。 古い可愛い家が所々点在するベジャビスタ地区。壁に描かれたストリートアートも多いので、写真を撮りながらまち歩きも楽しいです。

どちらの人気スポットも歩きながら回れる場所に位置しているので、ベジャビスタ地区をゆっくり歩きながら散策するのもオススメです。またこの地区は壁一面に大きな絵が描かれた家も多いので、歩きながらストリートアートも楽しめます。また近くには大きな「パルケ・フォレスタル(森林公園)」もあるので、公園でゆっくり時間を過ごしたり近くのカフェで、ゆっくりお茶をしたりしながらのんびりとした時間を過すこともできます。まだまだ面白い場所が沢山ある、ベジャビスタ地区!また改めて面白いスポットをご紹介していきたいと思います。どうぞお楽しみに!

関連情報

「Emporio la rosa」は、サンティアゴの手作りアイスクリームで有名なアイスクリーム屋です。コーヒーも美味しいのでご一緒に是非どうぞ! 「Emporio la rosa」は、サンティアゴの手作りアイスクリームで有名なアイスクリーム屋です。コーヒーも美味しいのでご一緒に是非どうぞ!

◆Barrio Blla Vista(ベジャビスタ地区)◆
https://santiagoando.com/barrio-bellavista

場所:地下鉄Baquedano駅徒歩1分

駅の北側に位置するマポチョ川と、サンクリストバルの丘の間に広がる地区で、レストランやバーが多く、国内外の観光客も多い。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/12/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索