page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チリ・サンチアゴ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界のセレブも来店!サンティアゴで一番古い歴史ある帽子屋さん


1915年からスタートした旧市街にある歴史ある帽子屋

店内で売られている帽子は、だいたい30,000ペソ(約5,000円前後)です。 店内で売られている帽子は、だいたい30,000ペソ(約5,000円前後)です。

サンティアゴの旧市街の中心地、大聖堂と大広場から歩いて徒歩5分ほどの場所にサンティアゴで一番歴史のある帽子屋があります。今から100年以上前の初代帽子屋の 「ホセ・ゴンザレス・ノリエガ」が、スペインから13歳の時に南米大陸行きの船に乗って新天地を目指しアルゼンチンを経由してチリまで辿り着き、その後帽子屋をスタートさせたことが現在まで続く帽子屋の始まりでした。今では、4代目の店主が店を継いで店頭に立ちながらお店を盛り上げています。

100年近く前に作られた店の名物電動人形がお出迎え

今でも、珍しい電動人形をに驚く人が多く人々を魅了し続けています。 今でも、珍しい電動人形をに驚く人が多く人々を魅了し続けています。

この帽子屋の名物といえば、大阪の「くいだおれ人形」にも負けない、電動人形です。店のショーウィンドーに立ったこの人形は手に持った棒でショーウィンドーのガラスを叩き続けるというなんとも少しシュールな動きをする人形です。しかも、歴史が古く1922年にかつてヨーロッパで人気を呼んでいた自動人形をパリからチリまで輸入したもので、それが現在も現役で店のショーウィンドーを叩きながら立っているというから驚きです!!当時電動で動く人形はとても貴重で珍しいものだったので、当時のチリでは多くの人が驚いて見ていたに違いありません。

現在の店名は道を行き交う人たちが名付け親

店内には女性用、男性用と様々な帽子が売られています。帽子以外にもポンチョやカウボーイ用のアクセサーなども売られています。 店内には女性用、男性用と様々な帽子が売られています。帽子以外にもポンチョやカウボーイ用のアクセサーなども売られています。

当時そんな珍しい自動で動く人形がショーウィンドーに飾られている店は他にはなかったので、誰かと待ち合わせをするのにうってつけの場所だったようです。また当時のチリは文字の読めない人が多かった時代だったので、店の看板名を読む人は少なく、「Donde golpea el monito(人形が叩くところ)」というふうに帽子屋は人づてに呼ばれていました。そんな理由から店の名前は行き交う人が名付けた「Donde golpea el monito(人形が叩くところ)」となったようです。

国内外の有名人も来店する国際的な帽子屋

日々帽子を手にして喜ぶ人々を見ながら店内を盛り上げているのは、4代目店主。 日々帽子を手にして喜ぶ人々を見ながら店内を盛り上げているのは、4代目店主。

そんな帽子屋には、なんと2万個以上もの帽子があり、種類も様々でした。カウボーイハット、中折れ帽、ベレー帽、パナマ帽、カンカン帽、女優帽など数多くの帽子が20世紀のサンティアゴを彷彿させるような天井の高いアンティークな店内で売られていました。この帽子屋は有名人も多く訪れ、歴代の大統領や政治家、アーティスト、女優など国内外の著名人の頭をデコレーションしてきました。最近ではスーパーモデルの「ケイト・モス」もチリに来た際に来店して帽子を購入して帰ったそうです。著名人も訪れるサンティアゴ旧市街にある帽子屋さん、チリ土産としてお一ついかがですか?

【関連情報】

プラザデアルマス広場と中央市場のほぼ真ん中に位置する、サンティアゴ旧市街の中心地に位置する帽子屋 プラザデアルマス広場と中央市場のほぼ真ん中に位置する、サンティアゴ旧市街の中心地に位置する帽子屋

◆Donde golpea el monito ドンデ・ゴルペア・エル・モニト◆

住所:21 de Mayo 707, Santiago, Region Metropolitana
電話:+56 (2) 2638 7120
営業時間:月〜土曜日 10:00-19:00
メール:sordoycia@gmail.com
Facebook:https://www.facebook.com/Sombrereria-y-articulos-de-huaso-Donde-golpea-el-monito-231905000235033/

※1チリ・ペソ=約0.2円。2019年2月時点

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索