page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チリ・サンチアゴ・ビーチの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界遺産のゴーストタウンに美しいビーチが広がるチリ北部の街「イキケ」


掲載日:2019/04/20 テーマ:ビーチ 行き先: チリ / サンチアゴ

タグ: おもしろい スパイシー料理 街歩き 魚料理 世界遺産 珍しい


海水浴を楽しむのであれば、チリ北部がオススメ!!

カバンチャ半島から見渡したカバンチャビーチ。カバンチャ半島にはカジノ、レストラン、ホテルも多く観光客で賑わう。 カバンチャ半島から見渡したカバンチャビーチ。カバンチャ半島にはカジノ、レストラン、ホテルも多く観光客で賑わう。

チリは南北に細長い国のため北と南では地形が全く違い、南部へ行けば気温が下がり、雨が多く降る森や湖が広がる緑豊かな地形が広がる一方で、北部は気温が上がり、雨がほとんど降らない辺り一面の砂漠が広がる地域が続いています。先日、私は夏休み最後の思い出作りにサンティアゴから飛行機で約2時間北上した、海沿いの街イキケへ行ってきました。チリは海に面した国ですが、海水温度が低すぎてなかなか海水浴を楽しむことはないのですが、イキケの海は海水温度も高く波も穏やかで、白い砂浜が遠くまで続くロングビーチは夏場の旅行先にぴったりの場所でした。

砂漠の真ん中に突如現れる近代的な街

イキケの旧市街中心地「バケダノ」には、昔ながらの建物が今も残っています。イギリスの影響が強かったこの土地は、イギリス風の建物が連なっています。 イキケの旧市街中心地「バケダノ」には、昔ながらの建物が今も残っています。イギリスの影響が強かったこの土地は、イギリス風の建物が連なっています。

私がイキケの空港に着いてまず驚いたのが、見渡す限りの茶色い砂山が広がり草木が一本も見当たらないということでした。とにかく緑がない、海と砂山だけが広がる景色をタクシーで30分ほど走らせた場所に、突如高層マンションが建つイキケの街は広がっていました。そんなイキケ地域には紀元前7千年以上も前から人類が住んでいたようで、イキケの歴史の古さに驚きました。また砂山と海が広がるこの地域の地中には豊かな天然資源があり、それが理由で各国の覇権争いの格好の的になり、1879年には資源争いで太平洋戦争が開戦されチリ、ボリビア、ペルー3カ国が争うイキケの海戦が開戦されました。その結果チリが勝ち現在に至ります。

イキケ郊外のゴーストタウンの世界遺産は見逃せない!

硝石工場の跡には、かつて労働者やその家族が住んでいた住居がそのままの姿で残っているゴーストタウン。 硝石工場の跡には、かつて労働者やその家族が住んでいた住居がそのままの姿で残っているゴーストタウン。

そんな貴重な資源が、化学肥料の原料となる「硝石」と呼ばれるもので、チリ北部の乾燥した地域に天然で良質で安い硝石が沢山取れるということから、1872年にイキケ 郊外に最初の工場が建てられました。現在硝石の需要が減り、1960年には工場が打ち捨てられたものの、一時期は世界中にチリ産硝石が、流通するほどの需要があり、チリの硝石工場は世界的にも有名でした。現在かつて硝石工場で栄えたその町は、そのままゴーストタウンと化し2005年には「ハンバーストーンとサンタ・ウララの硝石工場群」として世界遺産にも指定されました。イキケの町から乗合タクシーに乗って、約40分ほどで行くことができます。

新鮮なシーフードや免税店でのショッピングもオススメ

3種類の唐辛子を使ったペルー料理をベースにした、イキケで捕れた新鮮な魚を使った料理。味に深みがあってとっても癖になる美味しさ!! 3種類の唐辛子を使ったペルー料理をベースにした、イキケで捕れた新鮮な魚を使った料理。味に深みがあってとっても癖になる美味しさ!!

またイキケは海外から輸入される商品の免税地域としても知られており、チリ国内や近隣諸国から買い物を目的に遊びにくる人も多いのだとか。そんなイキケにある大型ショッピングセンターZOFRI(ソフリ)はバスや乗合タクシーを使えば簡単に行くことができます。またイキケは海沿いの街ということで、新鮮で美味しいシーフードも楽しむことができます。おすすめは旧市街にある「EL Viejo Wagon」。美食の国としても知られるペルーからの移民も多いので、現地の食材を生かしたペルー風イキケ料理を楽しむこともできます。サンティアゴとは街の雰囲気、人柄、風土などが違うイキケ。飛行機で約2時間で感じる異文化体験「イキケ」へと少し足を伸ばしてぜひチリのユニークな一面を覗いてみてください!

【関連情報】

レストラン「エル・ビエホ・ワゴン」は、アンティーク品を壁一面に飾ったオシャレな内装。レストランもオシャレで食事も美味しく楽しい時間が過ごせること間違いなし! レストラン「エル・ビエホ・ワゴン」は、アンティーク品を壁一面に飾ったオシャレな内装。レストランもオシャレで食事も美味しく楽しい時間が過ごせること間違いなし!

◆レストラン EL Viejo Wagon エル・ビエホ・ワゴン( 海鮮料理、チリ・南米料理)
住所:Thompson 85,Iquique,Chile
電話:(57) 234 1428
営業時間:ランチタイム13時〜16時前後 ディナータイム 20時〜2時前後
価格帯:ランチ、ディナー 約3,500円〜

※1ペソ=約0.1円。2019年3月時点

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/04/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索