page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
チリ・サンチアゴ・劇・ミュージカルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界にただ一つ!?川に架けられた演劇場


サンティアゴ旧市街にある、不思議な演劇場

オシャレな外観の「テアトロ・デル・プエンテ」。公演日は不定休なので事前にサイトで要チェック! オシャレな外観の「テアトロ・デル・プエンテ」。公演日は不定休なので事前にサイトで要チェック!

私が今住んでいるサンティアゴ旧市街に少し面白い劇場があるので、今回はその劇場について書きたいと思います。街中にあるる劇場といえば、広いスペースに大勢の観客を動員できるイメージがありますが、今回紹介する劇場は最大観客数200人のこじんまりとした小さなスペースに作られた「Teatro del Puenteテアトロ・デル・プエンテ(橋の劇場)」という名の演劇場です。しかも、その劇場は名前の通り川に架けられた橋の劇場で、なんと世界的に見ても橋自体が劇場になっているというのは珍しく、どうやら劇場公式サイトによると、世界にただ一つ(!?)しかない貴重な橋の劇場なのだとか。

人々の交通の要として利用されていた橋、約100年以上前に建設

気をつけていないと通り過ぎてしまいそうなほど、こじんまりとした「テアトロ・デル・プエンテ」は、歴史も古くなんと100年以上前の建造物なのだとか。 気をつけていないと通り過ぎてしまいそうなほど、こじんまりとした「テアトロ・デル・プエンテ」は、歴史も古くなんと100年以上前の建造物なのだとか。

テアトロ・デル・プエンテは、元々「Puente Vicente Huidobro(プエンテ・ビセンテ・ウイドブロ)」という名の橋として約100年以上前にサンティアゴの南部と北部を繋ぐ橋として利用されていました。かつてサンティアゴは街を横断するように流れるマポチョ川の南側を中心にスペイン人によって作られ、メトロポリタン大聖堂やその他歴史的建築物などコロニアル建築が数多く造られました。一方、マポチョ川を挟んで北側に位置する現在の「レコレタ地区」、「インデペンデンシア地区」は、スペイン人が入植し始めた時代、原住民族や原住民族とスペイン人の混血メスティーソたちをそちらに追いやった下町として存在していたようです。

南北に分かれた街を繋ぐ要として重要な役割を果たした橋

サンティアゴの歴史博物館で展示されていた、コロニアル様式の建物が広がるサンティアゴ旧市街のミニチュア。右手に見えるのがマポチョ川。その川を挟んで左手が旧市街、右手は原住民族やメスティーソたちが住む農地などが広がる。 サンティアゴの歴史博物館で展示されていた、コロニアル様式の建物が広がるサンティアゴ旧市街のミニチュア。右手に見えるのがマポチョ川。その川を挟んで左手が旧市街、右手は原住民族やメスティーソたちが住む農地などが広がる。

当時のサンティアゴはマポチョ川を間に挟むようにして南部に栄えていたので、どうしても南北の行き来の為にマポチョ川にかかる橋の存在は重要でした。そして数多くマポチョ川に架けられたいくつかの橋の一つが、この劇場橋でした。橋が作られてから、約100年近く経った1999年に橋としての機能は残さず、劇場としてオープンしました。その後何度か財政難から閉鎖と再オープンを繰り返し今に至っています。そんな橋劇場内には、川を見下ろしながら少し非日常的な雰囲気を感じることが出来るカフェやギャラリーも併設されています。また、貸しスペースとしても利用できるので、何か素敵で特別なイベントなどにも利用することができそうです。

サンティアゴの歴史を感じながら劇場近辺散策もオススメ

劇場のカフェから川を見た様子。マポチョ川は年間を通して水量も少なく、水は茶色く濁っているので、決してロマンチックな雰囲気とはいえませんが、川の上のカフェというだけでなんだかワクワクします。 劇場のカフェから川を見た様子。マポチョ川は年間を通して水量も少なく、水は茶色く濁っているので、決してロマンチックな雰囲気とはいえませんが、川の上のカフェというだけでなんだかワクワクします。

また橋が架かるこの地域は、目の前に森林公園という大きな公園や、頂上に大きなマリア像が建つ観光地としても有名なサンクリストバルの丘などがあります。近くにはおしゃれなレストランやバー、美術館が集まる地区も広がっています。旧市街のメトロポリタン大聖堂やコロニアル建築なども徒歩圏内なので、サンティアゴの歴史を感じながら劇場近辺を散策することもオススメです。一見見落としてしまいそうなほど、小さな橋の劇場。少し旧市街散策を兼ねて世界的に見てもユニークなこの劇場で演劇鑑賞はいかがですか?

関連情報

劇場の目の前には緑が多い森林公園が広がっている。近辺にはギャラリー、レストラン、カフェなどもあり、散策するにはオススメの地区。 劇場の目の前には緑が多い森林公園が広がっている。近辺にはギャラリー、レストラン、カフェなどもあり、散策するにはオススメの地区。

◆Teatro del Puente テアトロ・デル・プエンテ◆
http://www.teatrodelpuente.cl/

問い合わせ:+56-2-27324883
住所:Parque Forestal s/n, entre puentes Pio Nono y Purisima
最寄駅:地下鉄ベジャスアルテス駅Bellas artes 5番線
※公演日や時間など要確認

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/06/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索