カラフルな家々が連なる世界遺産の港町「バルパライソ」

チリ・バルパライソ・世界遺産の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

カラフルな家々が連なる世界遺産の港町「バルパライソ」

掲載日:2015/06/16 テーマ:世界遺産 行き先: チリ / バルパライソ ライター:鰐部マリエ

タグ: 一度は行きたい 世界遺産 素晴らしい 美しい



ABガイド:鰐部マリエ

【チリのABガイド】 鰐部マリエ
全ガイドを見る
南米チリ、サンティアゴ在住のフォトグラファー/ライター。学生時代にバックパックで世界を旅行中にたまたま立ち寄ったイースター島で出会ったチリ人と結婚を経てチリへ移住。日本ではなかなか紹介されないチリの旅行・ホテル情報や、耳寄りな現地情報をお届けしたいと思います。

家を雨風から守り経済的なトタン板は、バルパライソの家々をカラフルに彩っています。 家を雨風から守り経済的なトタン板は、バルパライソの家々をカラフルに彩っています。

かつて世界中の船乗りたちで栄えたバルパライソの港町

サンティアゴからバスで1時間半の場所に「バルパライソ」という名の世界遺産の港町があります。丘の上に広がるカラフルな色で塗られた家々が美しいこの港町は、世界各地の観光客で日々賑わいを見せています。もともとパナマ運河が開通する以前の19世紀、マゼラン海峡を通過する多くの船乗りたちにとってチリのバルパライソは、アメリカのサンフランシスコと並ぶアメリカ南北大陸の重要な港として栄えた港町でした。そのため、ヨーロッパやアメリカなど世界中から多くの移民や商人などが集まり、豊かで独特な文化を築き上げた歴史があるのです。

 

ゲストハウスの入り口。アーティストの多いバルパライソは、あちこちで壁画を見ることが出来る。 ゲストハウスの入り口。アーティストの多いバルパライソは、あちこちで壁画を見ることが出来る。

まるで迷路のようなバルパライソの路地を歩いてみよう

そんなバルパライソの丘には、自由自在に建てられた多くの家々や築100年以上の歴史的な建物の間を縫うように、細い路地があちこちへ広がっています。港から丘の上まで続く階段に座ってギターを片手に歌を歌う少年や、港を見ながら寄り添うカップル、いたるところに描かれたオシャレな壁画の前をのんびり歩く猫など。バルパライソを歩いているとボヘミアンな港町の雰囲気を肌で感じることができます。数あるバルパライソの丘の中でも得に観光客に人気なのが、オシャレなレストランやギャラリーなどが充実した「アレグレの丘」です。

 

バルパライソで一番長いアセンソールと階段の「コルディジェラ」。 バルパライソで一番長いアセンソールと階段の「コルディジェラ」。

歴史ある傾斜式エレベータ「アセンソール」を使ってみよう

丘が多いバルパライソで生活に欠かせないのが「アセンソール(傾斜式エレベータ)」とよばれる港から丘の上を繋ぐ小さな箱型のエレベータです。19世紀から20世紀初頭にかけて多く作られ、1855年に作られた一番古いアセンソールは現在も当時のまま使われているというので驚きです。物価の高いチリですが、アセンソールの値段は安く、上がり100ペソ(約20円)下がりが90ペソ(約18円)ととてもお値打ちです。市内には15本のアセンソールがありますが、現在は10本のアセンソールが稼働しています。

 

陽気に踊るチリ人の老夫婦。年齢も関係なく皆んな自分のペースで楽しむのがバルパライソ流。 陽気に踊るチリ人の老夫婦。年齢も関係なく皆んな自分のペースで楽しむのがバルパライソ流。

バーやレストランも充実

バルパライソは港町ということだけあってシーフード料理を提供するレストランも多く、特に「セビチェ(魚介類のマリネ)」や「エンパナーダ・デ・マリスコ(魚介類のパイ)」は通常どこのレストランでも定番の人気メニューです。また1896年に設立されたレストラン・バー「チンザノ」は、地元の人が多く通う老舗の人気店です。昼間は手頃な値段でランチが食べることが出来、夜はタンゴやクエッカと呼ばれる南米の民族音楽の生演奏が繰り広げられます。多くのチリ人たちは、生演奏に合わせてテーブルから立ち上がり音楽に合わせながら踊りを楽しみます。あなたもぜひ、そんなバルパライソでチリワイン片手に楽しい時間を過ごしてみませんか。

 

眺めのいい丘の上に立つカフェ・レストラン「ブライトン」は、ホテルとしても人気。 眺めのいい丘の上に立つカフェ・レストラン「ブライトン」は、ホテルとしても人気。

◆サンティアゴからバルパライソへの行き方◆

地下鉄1号線の「Universidad de Santiago」駅降りてすぐの長距離バス用の大きなアラメダターミナル、もしくは地下鉄1号線の「Pajaritos」駅降りてすぐ目の前の長距離バスターミナルから出発できます。バス会社は「Tur Bus」もしくは「Pullman Bus」が取り扱っています。時間帯や平日週末などによって値段が変わりますが、往復約4500ペソです。片道で買うよりも往復で買った方が安いです。

◆レストラン・バー「チンザノ」CINZANO◆
http://www.barcinzano.cl
TEL:56-32-221-3043
住所:Plaza Anibal Pinto 1182,Valparaiso
料金の目安:ディナータイム一人約40USD

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/06/16)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事