世界遺産「ティエラデントロ国立考古公園(ティエラデントロ)」の詳細情報

コロンビアの世界遺産・名所ガイド

National Archeological Park of Tierradentro

ティエラデントロ国立考古公園

名称:ティエラデントロ国立考古公園(コロンビア
英語名称:National Archeological Park of Tierradentro
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1995年

軟らかい砂岩を掘って造られた地下墓室

コロンビア南西部のアンデス山脈中腹の山岳地帯にある考古遺跡で、6〜10世紀に先住民パエス人がつくった巨大な人物像と地下墓室が点在する。地下墓室は軟らかい砂岩を掘ってつくられ、その深さは2.5〜7mにおよぶ。特に重要な建造物が、セゴビアの円形墓地だ。祭室を兼ねたと思われる内部はほぼ円形で、直径約12m。天井や壁一面に顔料を用いた多彩色の幾何学文様や、神や人間を象ったレリーフなどが見られる。高度な文明を示す農具や骨壺も出土するなど、アンデス北部におけるプレ・インカの高度な文明を伝えている。なお石像は、南に100qほど向かったところにあるサン・アグスティン考古公園に点在するものと酷似しているが、両者の関係は不明である。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!コロンビアの世界遺産最新情報

2016/06/02 世界遺産

コロンビアのまだまだ知名度の低い世界遺産「ティエラデントロ遺跡」 その1 辺境の田舎

コロンビア旅行イメージ-山奥の世界遺産を目指して 山奥の世界遺産を目指して

南米コロンビアには、1995年に世界遺産に登録された「ティエラデントロ国立遺跡公園」という、西暦7世紀から10世紀頃に作られた地下埋葬所があります。ここは山奥の集落近くにあり、交通手段はバスのみです。訪れる方法は自力で行く、または大きな町の旅行代理店にツアーを申し込むの2通りです。しかし、たくさんの人が訪れる世界遺産でないのでツアーは催行されるかどうかも怪しいものです。今回、私は自力で訪れたのでその内容を紹介していきます。因みに、最寄りの村はコロンビアのカリからバスで20時間の場所にあるサン・アンドレスという村です。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


コロンビアの世界遺産「ティエラデントロ国立考古公園」についてご紹介します。ティエラデントロ国立考古公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。