page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

コロンビアの世界遺産・名所ガイド

San Agustin Archeological Park

サン・アグスティン考古公園

名称:サン・アグスティン考古公園(コロンビア
英語名称:San Agustin Archeological Park
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1995年

400もの石像からなる遺跡群

アンデス山脈中腹にあるサン・アグスティンは、18世紀半ばにスペイン人宣教師によって発見された南米で最大規模の遺跡群。コロンビアのマグダレナ川上流の山岳地帯の広範囲にわたり、神と動物などをモチーフにした宗教記念碑と石彫が点在することで知られる。最古の遺物は紀元前6世紀頃までさかのぼり、小神殿や墳墓、それに神や人、ヘビ、トカゲ、カエル、空想上の生物などをかたどった約400もの石像からなる。石像は、小神殿、墳墓とともにあることから、これらは宗教的モニュメントであったと考えられている。墳墓の大きさや形態に違いがあるため、社会的な階層構造が存在していたと推測されているが明らかでない。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!コロンビアの世界遺産最新情報

2016/06/02 世界遺産

コロンビアのまだまだ知名度の低い世界遺産「ティエラデントロ遺跡」 その1 辺境の田舎

コロンビア旅行イメージ-山奥の世界遺産を目指して 山奥の世界遺産を目指して

南米コロンビアには、1995年に世界遺産に登録された「ティエラデントロ国立遺跡公園」という、西暦7世紀から10世紀頃に作られた地下埋葬所があります。ここは山奥の集落近くにあり、交通手段はバスのみです。訪れる方法は自力で行く、または大きな町の旅行代理店にツアーを申し込むの2通りです。しかし、たくさんの人が訪れる世界遺産でないのでツアーは催行されるかどうかも怪しいものです。今回、私は自力で訪れたのでその内容を紹介していきます。因みに、最寄りの村はコロンビアのカリからバスで20時間の場所にあるサン・アンドレスという村です。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


コロンビアの世界遺産「サン・アグスティン考古公園」についてご紹介します。サン・アグスティン考古公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。