世界遺産「マルペロ動植物保護区(マルペロ)」の詳細情報

コロンビアの世界遺産・名所ガイド

Malpelo Fauna and Flora Sanctuary

マルペロ動植物保護区

名称:マルペロ動植物保護区(コロンビア
英語名称:Malpelo Fauna and Flora Sanctuary
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:2006年

メガマウスが発見された、原初の生態系を維持する海域

コロンビアの沖合約500kmの太平洋に浮かぶマルペロ島と、その周辺海域は、東太平洋の熱帯地域最大の禁猟区だ。カリフォルニア海流、北赤道海流など多数の海流の影響と、マルペロ海底山脈の変化に富んだ地形によって、多種多様な生物のすみかとなっている。特に深水域では、シュモクザメやクロトガリザメ、ジンベエザメなど大型捕食魚や遠洋性硬骨魚が多い。希少な深海ザメ、メガマウスも確認されている。ダイビングスポットとしても知られ、絶滅のおそれがある生き物たちが群れをなす光景は、世界中のダイバーを魅了している。また、海洋のみならず陸地でも、4万羽以上に及ぶアオツラカツオドリのコロニーなど、豊かな生態系が見られる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!コロンビアの世界遺産最新情報

2016/06/02 世界遺産

コロンビアのまだまだ知名度の低い世界遺産「ティエラデントロ遺跡」 その1 辺境の田舎

コロンビア旅行イメージ-山奥の世界遺産を目指して 山奥の世界遺産を目指して

南米コロンビアには、1995年に世界遺産に登録された「ティエラデントロ国立遺跡公園」という、西暦7世紀から10世紀頃に作られた地下埋葬所があります。ここは山奥の集落近くにあり、交通手段はバスのみです。訪れる方法は自力で行く、または大きな町の旅行代理店にツアーを申し込むの2通りです。しかし、たくさんの人が訪れる世界遺産でないのでツアーは催行されるかどうかも怪しいものです。今回、私は自力で訪れたのでその内容を紹介していきます。因みに、最寄りの村はコロンビアのカリからバスで20時間の場所にあるサン・アンドレスという村です。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


コロンビアの世界遺産「マルペロ動植物保護区」についてご紹介します。マルペロ動植物保護区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。