世界遺産「グアナカステ保護地区(グアナカステ)」の詳細情報

コスタリカの世界遺産・名所ガイド

Area de Conservacion Guanacaste

グアナカステ保護地区

名称:グアナカステ保護地区(コスタリカ
英語名称:Area de Conservacion Guanacaste
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1999・2004年

マングローブ林やウミガメの産卵がみられる保護区

コスタリカ北西部の六つの国立公園、自然保護区からなる海陸の自然保全地域で、絶滅危惧種や希少種を含む動植物の宝庫だ。その範囲は、陸域1040平方キロメートル、海域430平方キロメートルと、コスタリカ国土の2.5%を占める。カリブ海側には、雲霧林という温度が高く年中霧に覆われた森林地帯などの熱帯湿潤林があり、太平洋側には温度が低く乾燥したジャングルである熱帯乾燥林が広がっている。熱帯林ではクロコダイル、ジャガー,ハチドリなどの約23万種の動植物が見られ、鮮やかな色彩が美しい鳥ケツァルの生息地としても知られる。一方、海域にはサンゴの群落やウミガメの産卵地があり、毎年25万頭以上のウミガメが産卵におとずれるという。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


コスタリカの世界遺産「グアナカステ保護地区」についてご紹介します。グアナカステ保護地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。