ビニャーレス旅行・ビニャーレス観光徹底ガイド

ビニャーレス旅行・ビニャーレス観光徹底ガイド

ビニャーレス旅行・観光の見どころ・観光情報

ビニャーレス渓谷は、キューバ西部のオルガノス山脈に位置し、長い年月をかけて雨水によって浸食された石灰石のカルスト地形が広がる。風光明媚なこの谷の見どころは、モゴーテと呼ばれるお椀を伏せたような山々の景観や鍾乳洞の洞窟などだ。また、この一帯は伝統的な有機農法によるタバコの栽培で知られており、その耕作地と土着の農家の木造家屋が生み出す景観は、世界遺産に登録されている。タバコ農園と洞窟などを巡る、ハバナ発の日帰りツアーがおすすめ。(2016年9月編集部調べ)

ビニャーレスへ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
スペイン語 CUC 約19時間 約-14時間

ビニャーレスの人気問合せ情報

ビニャーレスの最安値カレンダー

ビニャーレス旅行・観光の選び方

キューバで最も美しいといわれる谷間の村、桃源郷のようなビニャーレスの風景は見逃せない!

ビニャーレスを訪れるツアーはまだ少なく、ツアー期間6〜8日間で首都ハバナに滞在し、途中ビニャーレスに1泊するものが多い。2週間ほどでキューバを縦断するツアーだとビニャーレスに連泊するものもある。また、ハバナやバラデロ滞在中に、現地発の日帰りツアーに参加することも可能だ。ビニャーレスの町自体は小さく、見どころの岩絵や洞窟は郊外に点在しているので、個人で訪れる場合は、タクシーか町の旅行会社のツアーを利用することになる。世界遺産の景観が一望できる展望台や、インディヘナの洞窟の横には土産物屋が軒を連ねる。(2016年9月編集部調べ)


ビニャーレスのグルメ・伝統料理

キューバで食べられているのはスペインとアフリカの影響を受けたクレオール料理。食事に欠かせないのは米とバナナで、バナナは生だけでなくフライなど火を通して食べる。ビニャーレスの伝統料理は、米と黒インゲン豆にニンニク、タマネギ、ピーマンを加えてを炊き込んだ「モーロス・イ・クリスティアーノス」、豚肉のローストの「プエルコ・アサード」、ユカ(キャッサバ)にソースをかけた「ユカ・コン・モホ」など。キューバ料理は贅沢ではないが、有機農法で作られた食材そのものの味を楽しむ究極のグルメ料理といえるだろう。 (2015年編集部調べ)

ビニャーレスのショッピング情報

古くからタバコの栽培地として知られるビニャーレスの特産品は、葉巻。ハバナからのツアーでは葉巻工場で葉巻作りの工程を見学するので、ここでお土産に買うのもいいだろう。キューバの葉巻の最高級銘柄コイーバは1本5000円するものもあるが、ここでは1本300円くらいのものから手に入る。ビニャーレスに近いピナール・デル・リオはコーヒー、葉タバコ、砂糖の産地として知られており、ツアーではこの地方の地酒ならぬ地ラムの、「グアヤビータ・デル・ピナール」の工場にも寄る。日本ではあまり流通していないのでおすすめ。 (2015年編集部調べ)

ビニャーレスの気温・降水量ベストシーズン情報

一年を通じて夏の服装で過ごせる。乾期は11〜4月、雨期は6〜10月。ハリケーンは9月と10月に多い。ベストシーズンは雨の少ない乾期だが、1〜2月は涼しく朝晩は冷えるので、羽織れる上着を用意しよう。雨季でも天気は良く、雨は一時的なので、ハリケーンの時期以外は十分観光できる。 (2015年編集部調べ)

ビニャーレスの人気ツアー

ビニャーレス旅行・ビニャーレス観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top