ドミニカ共和国旅行・ドミニカ共和国観光徹底ガイド

ドミニカ共和国旅行・ドミニカ共和国観光徹底ガイド

ドミニカ共和国旅行・観光の見どころ・観光情報

コロンブスが第1回航海のときに上陸し、最も気に入った島といわれる、カリブ海のイスパニョール島。その東半分を占めるのがドミニカ共和国だ。世界遺産の首都サントドミンゴの旧市街は、スペイン植民地時代の面影を強く残すコロニアルな町並みが美しい。この国の魅力は、サントドミンゴのモダンな新市街とコロニアルな旧市街のコントラスト。そして東部のビーチリゾートと南西部の手つかずの自然にある。近年は観光開発と環境保護を組み合わせたエコツーリズムが注目を浴びている。日本人の少ない穴場のリゾートとして、ハネムーンにもおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

ドミニカ共和国の人気問合せ情報

ドミニカ共和国の最安値カレンダー

ドミニカ共和国へ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

ドミニカ共和国旅行・観光の選び方

世界遺産のコロニアルタウンとビーチリゾートに滞在、優雅なビーチ&シティの旅を

カリブ海の島国ドミニカ共和国を訪れるツアーは、ツアー期間7日前後。世界遺産のサントドミンゴ旧市街のプチホテルと、ビーチリゾートのオールインクルーシブ制ホテルに滞在する。エコツーリズムも最近人気が出ており、コテージやツリーハウスに滞在し、手つかずの天然ビーチやフラミンゴのいる湖を訪れるなど、多様なプログラムが用意されている。食事は、油と塩で炊いたご飯に肉料理、アビチュエラという豆のスープ煮を載せたワンプレート料理が定番。潰した青い食用バナナに具を入れて味つけした「モフォンゴ」は試してみたい郷土料理のひとつだ。(2016年9月編集部調べ)


ドミニカ共和国のグルメ・伝統料理

ドミニカ共和国の料理は、他のカリブの国々と同様に、スペインと先住民、奴隷として連れてこられたアフリカの食文化が融合したクレオール料理。「ラ・バンデーラ・ドミニカーナ」と呼ばれるワンプレート料理は、油と塩で炊いたご飯に肉料理、アビチュエラという豆のスープ煮を載せた伝統料理で、ランチによく食べられる。また、ドミニカの食事に欠かせないのが調理用バナナで、茹でたものをマッシュして揚げた豚の皮とまぜる「モフォンゴ」や、肉などと一緒にシチュー風に煮込む「サンコチャード」は、ドミニカ・グルメの定番だ。 (2015年編集部調べ)

ドミニカ共和国のショッピング情報

西部の山岳地帯で良質のコーヒー豆を栽培しており、スーパーマーケットなどでも手軽に美味しいコーヒー豆が手に入る。カカオも特産品で、チョコレート以外にリキュールやジャム、ペーストなどの珍しいカカオ製品がある。サトウキビから作られるキビ砂糖やラム酒、葉巻も名産品。ドミニカにしかないというブルーアンバー(琥珀)や美しいカリブの海の色をした半貴石ラリマールは、様々な形と色合いの中から自分のお気に入りの一品を見つけよう。 (2015年編集部調べ)

現地ガイド発!ドミニカ共和国の観光最新情報

  • ドミニカ共和国の人気ツアー

    ドミニカ共和国旅行・ドミニカ共和国観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook