page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドミニカ共和国・プエルト プラタ・リゾートの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

黄金の海に囲まれた一大リゾート地、プラヤ・ドラダで休暇を過ごそう


掲載日:2007/12/14 テーマ:リゾート 行き先: ドミニカ共和国 / プエルト プラタ

タグ: ショッピング ビーチ リゾート 美しい


プラヤ・ドラダをプエルトプラタ観光の拠点に

美しく開放的なプラヤ・ドラダのビーチ 美しく開放的なプラヤ・ドラダのビーチ

ドミニカ共和国の観光と言うと多くの人がチョイスするのが首都サントドミンゴとプエルトプラタ、もしくはプンタカーナやカサ・デ・カンポなどの有名リゾート地域とのセット観光。首都で3泊、もう一つのリゾートで3泊というような形で個人的には後者のプエルトプラタ、プンタカーナ、カサ・デ・カンポはそれぞれに味があり甲乙つけがたいのですがこのプエルトプラタを選んだ人は同市内を観光する際はまずここのプラヤ・ドラダに泊まるのが便利。日本語で「黄金のビーチ」という意味があるこのプラヤ・ドラダは観光シーズンの11月から4月頭までは多くの観光客で賑わいます。

施設充実のリゾート。食事をするにも最適です

プラヤ・ドラダリゾートの入り口。中に入ると熱帯の植物などキレイな景色が広がる プラヤ・ドラダリゾートの入り口。中に入ると熱帯の植物などキレイな景色が広がる

プエルトプラタ市内からすぐ近くにあるこのリゾート地は中に14のホテルやビラの宿泊施設に加えて広大なゴルフコース、そしてレストランやバーなども充実。巨大なカジノやナイトクラブもありリゾートライフを過ごすには最適な場所だ。プラヤドラダのリゾートは特にレストランが非常に充実しておりイタリアン、中華、日本食など様々なインターナショナルレストランが軒を構えているのが印象的。乗馬やサファリツアーなどのアクティビティも多くあります。

ホテルは全てビーチの目の前

グラン・ベンタナ内にあるプール グラン・ベンタナ内にあるプール

プラヤ・ドラダにあるホテルは全てビーチに面しており立地は最高!ホテル選びは特に迷ってしまう。プラヤ・ドラダは行くたびにいくつかのホテルに宿泊していますが個人的にお勧めなのが三ツ星ホテルのグラン・ベンタナと呼ばれるホテルで観光シーズンの今はUS$190(2ベッド)。ここはホテル内の空間が広々としているのとまた緑が多く癒されます。夜はホテル内にあるステージでナイトショーやライブも毎晩行われている。また毎週週末はナイトクラブで週ごとにことなるイベントが行われているのでそちらも要チェック。グラン・ベンタナの予約はTel : 809-320-2111 / Mail : sales@vhhr.com / URL : www.vhhr.com

ヘリコプターで空中遊泳。プラヤ・ドラダの人気アトラクション

HELIDOSAにあるヘリコプター。カップルでも家族でもお勧め HELIDOSAにあるヘリコプター。カップルでも家族でもお勧め

プラヤ・ドラダにはHELIDOSAという会社が運営しているヘリコプターによるプエルトプラタ地域全般を飛ぶアトラクションがありこれは自分も初体験でしたが最高でした。ヘリコプターが飛び立つとプエルトプラタの海岸線はもちろん内陸のイザベル・デ・トーレス山やサン・フェリペの要塞なども見下ろす一生に一度の最高のディスカバリーが体験できます。値段は遊泳時間によってUS$74〜。プラヤ・ドラダ内にあり予約の電話は809-732-5825 / 809-320-2009です。

リゾート内にあるプラザでショッピングも楽しめる

ピンク色の2階建てで目立っているショッピングモール ピンク色の2階建てで目立っているショッピングモール

プラヤ・ドラダにあるショッピングセンターは民芸品はもちろんレストラン、旅行会社、スーパーマーケット、ダイビングショップから銀行まで全てが揃う万能なモールとなっています。特に民芸品は巨大な貝やサメの剥製など一風変わった物が多くなかなか見ていて面白いです。プエルトプラタの観光は見所や個性の強いビーチも多いためどこに行くか迷ってしまいますが「黄金のビーチ」に囲まれながらリゾートを満喫したいという人にこのリゾートがお勧め!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索