page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドミニカ共和国・サントドミンゴ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ドミニカ共和国と言えばダンス!老若男女が集まるクラブで夜を楽しもう!


掲載日:2008/01/11 テーマ:歴史 行き先: ドミニカ共和国 / サントドミンゴ

タグ: たのしい ふれあい ダンス 音楽


ドミニカ共和国の全国民にとって踊りは生活の一部

踊り大好きな陽気な国民性がドミニカ共和国の特色の一つ 踊り大好きな陽気な国民性がドミニカ共和国の特色の一つ

ラテン諸国と言うとサルサやマンボ、タンゴやサンバなどとにかく陽気、または情熱的なダンスで有名な国が多いのですがカリブ海に浮かぶドミニカ共和国も例外ではありません。ドミニカ発祥のダンスである陽気なメレンゲ、同じくドミニカで生まれた愛を奏でたメロウな曲と共に男女が密着して踊るバチャータ、そしてサルサとダンスは盛ん。街を歩けばどこからともなくメレンゲやバチャータの音楽が聞こえてくる、そしてふと辺りを見ると路上の酒店で皆が集まり男女が踊っている。そう、ドミニカ国民にとってまさしく踊りは生活の一部なのです。

首都のサントドミンゴにある歴史と伝統あるナイトクラブ「Jet Set」

「Jet Set」の写真。夜はネオンが灯り表には大きな看板が出ているので路上で目だっています 「Jet Set」の写真。夜はネオンが灯り表には大きな看板が出ているので路上で目だっています

ドミニカ共和国の首都・サントドミンゴでメレンゲやサルサの文化に触れようと思ったら一番良いのが「ディスコテカ」と呼ばれるナイトクラブに行ってみるのが一番!ドミニカ共和国は若い人達だけでなく老若男女全ての国民が娯楽の一部として通われるディスコテカが多いのが特徴的。地域ごとに無数のディスコテカが存在しますが特にお勧めしたいのが「Jet Set」。ここは1972年創業の老舗中の老舗。大人から子供まで週末は多くの地元民で賑わい音楽もオールジャンルでかかるので誰にでもお勧めできるディスコテカです。

大箱のディスコティカである「Jet Set」は週末は大盛り上がり!ハッピーアワーを狙うのもお勧め

エントランスから中に入ると広々としたスペース。中には大きいバーもありドリンクも充実 エントランスから中に入ると広々としたスペース。中には大きいバーもありドリンクも充実

シートは800席、収容人数は1200人とも言われるこの「Jet Set」の週末は毎週平均で600人近くが詰めかけメレンゲやバチャータ、サルサのリズムに合わせて皆がビールを片手に深夜まで踊り続けます。中に一歩足を踏み入れると2ステージある大きなフロアにまばゆい光が立ち込めているのが印象的。ドミニカ人というと男女共に人見知りしない陽気な性格が大きな特徴。ここに来たら踊るが勝ち!思い切って隣に来た女性(男性)を誘ってステージで一緒に踊ってみることを強くお勧めします。19時から23時の間は「ハッピーアワー」と呼ばれる時間でこの時間帯はドリンクが全て半額となっているのでお勧め。

毎週月曜日は「アーティストデー」。国内の大物アーティストも出演

アーティストデーの写真。画面に映し出されているのはメレンゲの歌手 アーティストデーの写真。画面に映し出されているのはメレンゲの歌手

「Jet Set」はメディアとの繋がりも強く国内のアーティストの新作CDの発表やラウンチングなども毎週ここで行われアーティスト色が強く華やか。そして同クラブがオープンしているのは週末の金曜と土曜の他に毎週月曜日になりますがこの月曜日が要注目な「アーティストデー」と呼ばれる日。毎週この日はドミニカのメレンゲやバチャータのアーティストをゲストとして招いてライブが行われます。週末も様々なイベントが行われており楽しめること間違いなし!ドミニカに来た時はこのドミニカの踊りの文化に触れるべくぜひ「Jet Set」を一度訪れてみてください!!

【関連情報】

「Jet Set」のエントランス。黒服もどこか陽気で愛想も最高 「Jet Set」のエントランス。黒服もどこか陽気で愛想も最高

■ジェット・セット(Jet Set )
住所: Av. Independencia 5 1/2, Santo Domingo, Dominican Republic
(インデペンデンシア通りの西方面でCiudad Ganedelaの近く)
電話:809-533-9707 / 535-9707 / 535-4145 URL : www.jetsetdisco.com
営業時間: 月曜 : 20:00 - 翌1:00 / 金曜・土曜 : 19:00 - 翌3:00
(日曜及び火曜〜木曜は通常は休業日ですが時期によりイベントも多数あるため要電話確認)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索