世界遺産「キトの市街(キト)」の詳細情報

エクアドルの世界遺産・名所ガイド

City of Quito

キトの市街

名称:キトの市街(エクアドル
英語名称:City of Quito
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1978年

ヨーロッパの様式と先住民の伝統が混在する旧植民地

アンデス山脈の高地、2850mの標高に築かれた街キトは、エクアドルの首都であり、新大陸の宗教の中心地となった場所。クスコに次ぐインカ帝国第2の都市として繁栄するが、その後スペインの侵略を受けて焼き払われ、新たにスペインの植民都市として建設された。世界遺産に登録されたキトの旧市街には、16〜18世紀頃に建てられた植民地特有のスタイルの宗教建築が多く存在する。独立広場に面して建つ大聖堂や、豪華な装飾が目をひくサン・フランシスコ修道院、中庭と調和した美しい回廊で知られるラ・メルセー教会堂など、その数は30以上。「アメリカ大陸の修道院」と呼ばれたこの街は、1978年に世界遺産に登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

「キト」を含むツアー一覧


最安料金万円


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


エクアドルの世界遺産「キトの市街」についてご紹介します。キトの市街の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。