世界遺産「クエンカのサンタ・アナ・デ・ロス・リオス歴史地区(サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカ)」の詳細情報

エクアドルの世界遺産・名所ガイド

Historic Centre of Santa Ana de los Rios de Cuenca

クエンカのサンタ・アナ・デ・ロス・リオス歴史地区

名称:クエンカのサンタ・アナ・デ・ロス・リオス歴史地区(エクアドル
英語名称:Historic Centre of Santa Ana de los Rios de Cuenca
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1999年

16世紀にスペイン人が築いた植民都市

エクアドル南部アスアイ県、首都キトの南、アンデス山脈の谷間の標高約2600mの内陸高地に位置する。1557年、カルロス5世の命に基づき、ヒル・ラミレス・ダヴァロスによって建設されたスペインの植民都市。名前もスペインのクエンカ(盆地)に由来する。19世紀に入ると、パナマ帽とマラリアの特効薬キニーネの輸出によって繁栄した。歴史地区には、日干し煉瓦を敷き詰めた碁盤目上の街路、橙色の屋根と白壁、大理石や漆喰の建物が立ち並び、スペインの植民地時代の面影を色濃くとどめている。また、サント・ドミンゴ教会堂やカルメル会の修道院の建造物は、スペイン建築を南米の気候風土に適合させた独特の様式で建てられている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


エクアドルの世界遺産「クエンカのサンタ・アナ・デ・ロス・リオス歴史地区」についてご紹介します。クエンカのサンタ・アナ・デ・ロス・リオス歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。