page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

エルサルバドルツアー発の比較一覧です。予算や出発地、希望のホテルなど、ご希望の旅行条件にあてはまるエルサルバドルの魅力を堪能できるおすすめツアーが盛りだくさん!

ツアー検索|エルサルバドル

3件ヒットしました (2旅行会社 35.60〜70.30万円)
  • 1|

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
64.00
68.20
2.10 66.10
70.30

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
66.10
70.30

13日間

成田発

おすすめ情報

コスタリカ・グアテマラ・ニカラグア他 (グアテマラシティ、リオオンド、フローレス他) ツアー

ホテル:
ベスト・ウェスタン・ストフィージャ、デル パティオ、ロンガローネ、プレ…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

株式会社ファイブスタークラブ (ファイブスタークラブ☆

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員 ボンド保証会員

ツアーポイント

●中米の見どころをおさえた周遊の旅
●未知なる国々をコンパクトに周遊
●文化・自然・遺跡だけではなく現地の人々ともふれあえるチャンス

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
33.80
35.80
2.80 36.60
38.60

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
36.60
38.60

9日間

成田発

おすすめ情報

グアテマラ・エルサルバドル・アメリカ合衆国 (グアテマラシティ、サンタ・アナ、リオオンド他) ツアー

ホテル:
ベスト・ウェスタン・ストフィージャ、ロンガローネ、ジャガー・イン、DF…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●古代マヤ文明の遺跡が数多く残るグアテマラ・ホンジュラス・エルサルバドルの中米3カ国を歴訪するコースです。
グアテマラでは、マヤ遺跡最大規模を誇る「ティカル遺跡」と「キリグア遺跡」、ホンジュラスでは、世界遺産でもある美しい石碑(ステラ)で有名な「コパン遺跡」、エルサルバドルでは、歴史的価値の高いマヤ3大遺跡(タスマル遺跡・サンアンドレス遺跡、ホヤデセレン遺跡)を訪問します。

●<コパン遺跡とキリグア遺跡について>
コパンは5世紀〜9世紀にかけて栄えた有力なマヤの大都市で、13代の「18ウサギ王(在位 695-738年)」のころが最盛期といわれています。738年に長年コパンの支配下にあった小都市キリグアの下剋上に遭い、18ウサギ王は落命しコパン王朝は没落に向かうことになります(800年の半ばに滅亡)。
マヤ遺跡には王の姿や事績を刻んだ石の彫刻やモニュメントがたくさんありますが、その多くは石板に浅浮き彫りを施したタイプで、一方コパンの石碑は巨大な石柱を丸彫りした高浮き彫りであるところに特徴があります。 また、キリグアはコパンに勝利した後、カック・ティリウ王(カワク空王)が都市を拡大整備して数多くの石碑を作らせました。キリグア遺跡の特徴は、マヤ遺跡最大の石碑「ステラE」をはじめ、巨大で彫刻の質の高い石碑が数多く残っているところです。このような石碑(ステラ)が数多く残る両遺跡は、数あるマヤ遺跡の中でも他に例がなく非常に稀有な存在だと言えます。

●エルサルバドルのマヤ3大遺跡「タスマル遺跡、サンアンドレス遺跡、ホヤデセレン遺跡」を訪問します。 メキシコのテオティワカン建築様式に酷似する遺跡や噴火した火山灰がマヤ人住居を当時の姿のまま保存したとされる中米のポンペイのような遺跡などを訪問します。

●マヤ遺跡最大規模を誇る「ティカル遺跡」。メキシコのマヤ神殿は居住性をもたせた空間があるのに比べて、ティカルのマヤ神殿は天へ舞いあがるかのように垂直に伸び、居住空間がほとんどない。頂上には巨大な飾り屋根が付けられ、重厚で荘厳な外観をもつのが特徴。現在、1号神殿から6号神殿まであり、神殿に登ることができるものもあるので、勇気のある方はチャレンジしてみてください。(神殿登頂は諸事情によりできなくなる場合もございますので予めご了承ください)

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
32.80
34.80
2.80 35.60
37.60

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
35.60
37.60

8日間

成田発

ホテル:
ベスト・ウェスタン・ストフィージャ、ロンガローネ、ジャガー・イン、サハ…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
10/23(火)10/24(水)10/25(木)10/26(金)10/27(土)10/28(日)10/29(月)
-------

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●古代マヤ文明の遺跡が数多く残るグアテマラ・ホンジュラス・エルサルバドルの中米3カ国を歴訪するコースです。
グアテマラでは、マヤ遺跡最大規模を誇る「ティカル遺跡」と「キリグア遺跡」、ホンジュラスでは、世界遺産でもある美しい石碑(ステラ)で有名な「コパン遺跡」、エルサルバドルでは、歴史的価値の高いマヤ3大遺跡(タスマル遺跡・サンアンドレス遺跡、ホヤデセレン遺跡)を訪問します。

●<コパン遺跡とキリグア遺跡について>
コパンは5世紀〜9世紀にかけて栄えた有力なマヤの大都市で、13代の「18ウサギ王(在位 695-738年)」のころが最盛期といわれています。738年に長年コパンの支配下にあった小都市キリグアの下剋上に遭い、18ウサギ王は落命しコパン王朝は没落に向かうことになります(800年の半ばに滅亡)。
マヤ遺跡には王の姿や事績を刻んだ石の彫刻やモニュメントがたくさんありますが、その多くは石板に浅浮き彫りを施したタイプで、一方コパンの石碑は巨大な石柱を丸彫りした高浮き彫りであるところに特徴があります。また、キリグアはコパンに勝利した後、カック・ティリウ王(カワク空王)が都市を拡大整備して数多くの石碑を作らせました。キリグア遺跡の特徴は、マヤ遺跡最大の石碑「ステラE」をはじめ、巨大で彫刻の質の高い石碑が数多く残っているところです。このような石碑(ステラ)が数多く残る両遺跡は、数あるマヤ遺跡の中でも他に例がなく非常に稀有な存在だと言えます。

●エルサルバドルのマヤ3大遺跡「タスマル遺跡、サンアンドレス遺跡、ホヤデセレン遺跡」を訪問します。 メキシコのテオティワカン建築様式に酷似する遺跡や噴火した火山灰がマヤ人住居を当時の姿のまま保存したとされる中米のポンペイのような遺跡などを訪問します。

●<マヤ遺跡最大規模を誇るティカル遺跡>
メキシコのマヤ神殿は居住性をもたせた空間があるのに比べて、ティカルのマヤ神殿は天へ舞いあがるかのように垂直に伸び、居住空間がほとんどない。頂上には巨大な飾り屋根が付けられ、重厚で荘厳な外観をもつのが特徴。現在、1号神殿から6号神殿まであり、神殿に登ることができるものもあるので、勇気のある方はチャレンジしてみてください。(神殿登頂は諸事情によりできなくなる場合もございますので予めご了承ください)

3件ヒットしました (2旅行会社 35.60〜70.30万円)
  • 1|

エルサルバドル ツアー関連情報

エルサルバドル ツアー(東京発)一覧|エイビーロード

エルサルバドル発のツアープランをご紹介。エイビーロードなら、発着空港や料金・航空会社・日程等の条件から、あなたにピッタリのエルサルバドル発のツアーを探せます。日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のエルサルバドル発のツアープランをお探し下さい。