ガイアナ旅行・ガイアナ観光徹底ガイド

ガイアナ旅行・ガイアナ観光徹底ガイド

ガイアナ旅行・観光の見どころ・観光情報

1966年にイギリスから独立したガイアナは、南米北東部にあるギアナ3国のうち、もっとも西に位置する。人口約80万人のうち、その9割近くが北の沿岸部に住んでいる。一方、内陸の熱帯雨林は未開発地域が多く、文化的には南米よりもカリブ海諸国に近い。英植民地だったので、公用語は英語。国民は契約移民としてやってきたインド系住民の子孫が多く、全体の44%を占める。次に多いのは、アフリカ系黒人で約30%。観光名所には、約24万人が住む首都ジョージタウンのコロニアル建築がある。しかしおすすめは、熱帯雨林に包まれた落差226mの滝カイエトゥールフォールの観光だ。また、ベネズエラやブラジルとの国境地帯は、高い山と台地が続くギアナ高地で、ロライマ山の登山が人気だ。(2016年9月編集部調べ)

ガイアナへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

ガイアナの人気問合せ情報

ガイアナの最安値カレンダー

ガイアナ旅行・観光の選び方

ツアーはあまり催行されないが、催行される場合は3か国周遊パターンが多い

日本発のツアーは少ない。まれに、ツアー期間が11日間前後の、スリナムと仏領ギアナを加えた「ギアナ3か国周遊ツアー」が催行される。一般的なルートは、マイアミなどの北米経由で首都ジョージタウン、または仏領ギアナのカイエンヌに入り、陸路で国境を越えて回るパターン。ガイアナでは首都ジョージタウンに宿泊し、市内のほかに落差226mの大瀑布カイエトゥールフォールを観光する。カイエトゥールフォールは地上からだけでなく、セスナでぜひ上空から見てみたい。首都の治安が不安なところもあるので、ツアー利用が安心だ。ガイアナでの食事は、住民の多くを占めるのがインド人ということから、「インド料理の影響を受けたカリブ料理」が楽しめる。カリブ系では、肉や魚の煮込み料理が多い。(2016年9月編集部調べ)


ガイアナのグルメ・伝統料理

ガイアナの料理は、人口の4割を占めるインド系のインド料理と、カリブ海に住むアフリカ系によるカリブ料理がミックスしたような料理だ。グルメが試してみたい地元料理は「ロティ」で、小麦粉で作ったパン地(薄いナンのよう)に、カレー味の具を包んで食べる国民食だ。具は野菜カレーだったり魚や肉のカレーだったりする。「クックアップ(コカップ)」は肉や野菜が入った炊き込み御飯(ピラフ)。そのほかには肉や魚の煮込み系(シチュー)も多い。食事に困ったら、よくある中華メニューの「チョウメン(焼きそば)」を頼もう。 (2015年編集部調べ)

ガイアナのオススメツアー

ガイアナ旅行・ガイアナ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top