page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ホンジュラス旅行・ホンジュラス観光徹底ガイド

ホンジュラス旅行・観光の見どころ・観光情報

日本の3分の1ほどの面積に、約800万人が住む中米のホンジュラス。首都はテグシガルパ。ここには、グアテマラのティカルとともに中米を代表するマヤ遺跡のコパンがある。ただし世界遺産のコパン遺跡は、首都テグシガルパよりもグアテマラとの国境に近いので、グアテマラ発ツアーで行くのが一般的。カリブ海側では、カリブ海有数のビーチがあるロアタン島がおすすめだ。透明度の高い青い海でダイビングし、まぶしいほどの白砂のビーチでのんびりできる。ただし、ホンジュラスは、都市部を中心に近年急速に治安が悪化している。グアテマラからコパンに行ったり、飛行機でロアタン島に行くなら問題はないが、大都市での滞在はできるだけ避けたほうがいい。(2016年9月編集部調べ)

ホンジュラスへ行くツアーを見る この国のツアー料金相場を見る

ホンジュラスの人気問合せ情報

ホンジュラスの最安値カレンダー

ホンジュラス旅行・観光の選び方

グアテマラ、ベリーズなどのマヤ遺跡と周遊するツアーで、世界遺産のコパン遺跡を訪れる

都市部の治安の悪化もあり、ホンジュラス単独のツアーはない。隣国のグアテマラやベリーズと組み合わせたマヤ遺跡を見る周遊型ツアーがほとんど。ツアー期間は7〜9日間で、フリープランよりもガイドがついた観光付きのものが多い。ツアーでのホンジュラス滞在は、グアテマラ国境からコパン遺跡へ向かい、コパン・ルイナスの町に1泊する程度。ツアー全体では、コパン、キリグア、ティカルという3つの世界遺産に立ち寄る。ロアタン島やウティラ島など、カリブ海に浮かぶリゾート島へは、飛行機を乗り継いで行けば、治安の心配はない。(2016年9月編集部調べ)


ホンジュラスのグルメ・伝統料理

ホンジュラス料理は、周辺の中米諸国と同様、豆や肉を使った料理をトルティージャという薄いパンのような主食と一緒に食べるのが基本。お米も食べるが、食事では主食というより野菜と同じような扱いだ。グルメが喜ぶような料理はないが、牛、豚、鶏の肉に、バナナのフライ、チーズやソーセージ、フリホーレス(黒いインゲン豆)、お米などの付け合わせ、そしてトルティージャが付くのが基本的なホンジュラス料理だ。周辺国に比べるとチレ(トウガラシ)はあまり使わず、それほど辛くない料理が特徴だ。(2015年編集部調べ)

ホンジュラスのショッピング情報

首都テグシガルパの近郊の町バジェ・デ・アンヘレスは、民芸品の里として有名で、動物をかたどった素焼きや置物などが売られている。品々は素朴な物ばかりだが、工房の見学もできる。コパン遺跡に近いコパン・ルイナスでは、遺跡にある石碑のステラのミニチュアや、マヤで重要だったヒスイを使ったアクセサリー、マヤ文字が入ったTシャツやキーホルダー、木彫りなどが定番の土産として売られている。土産に重宝するのは、有機栽培のコーヒーで、麻袋に入ったものなどパッケージにお国柄を感じさせるものがおすすめ。(2015年編集部調べ)

ホンジュラスのオススメツアー

ホンジュラス旅行・ホンジュラス観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook