世界遺産「リオ・プラタノ生態系保護区(リオ・プラタノ)」の詳細情報

ホンジュラスの世界遺産・名所ガイド

Rio Platano Biosphere Reserve

リオ・プラタノ生態系保護区

名称:リオ・プラタノ生態系保護区(ホンジュラス
英語名称:Rio Platano Biosphere Reserve
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1982年

ナマケモノなどが棲息するプラタノ川一帯

人間の手による生態系の破壊は、ときに世界遺産にも影を落とす。ホンジュラス北東部からカリブ海に注ぐ全長約100kmのプラタノ川流域にある密林地帯、リオ・プラタノ生態系保護区。この世界遺産で生態系の均衡が崩れたのは、ホンジュラス人口の大半を占めるメスティーソ(白人と先住民の混血)が入植してからだ。川の上流域に広がるおよそ3500km2の熱帯雨林では、木々の伐採や稀少なコンゴウインコの密猟などが横行。約380種の鳥類や絶滅危惧種のジャガー、オオアリクイなどの生存が危ぶまれた。ようやく危機遺産リストから除外されたのは2007年のこと。現在保護区内では、ナマケモノやアメリカマナティーなどの姿も見ることができる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ホンジュラスの世界遺産「リオ・プラタノ生態系保護区」についてご紹介します。リオ・プラタノ生態系保護区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。