page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ジャマイカ旅行・ジャマイカ観光徹底ガイド

ジャマイカ旅行・観光の見どころ・観光情報

中央アメリカ、カリブ海の大アンティル諸島にある島国で、1962年にイギリスから独立した。首都はキングストン。レゲエミュージックの聖地でもあり、ボブ・マーリーに代表されるミュージシャンゆかりの見どころも多い。中央部はブルーマウンテン山脈が連なり、北部にはモンテゴベイ、オーチョ・リオスなど、白砂ビーチが続く世界有数の高級リゾート地がある。イギリス連邦加盟国のひとつであり、英語が話せる人が多い国でもある。(2016年9月編集部調べ)

ジャマイカへ行くツアーを見る この国のツアー料金相場を見る

ジャマイカの人気問合せ情報

ジャマイカの最安値カレンダー

ジャマイカ旅行・観光の選び方

ツアーは6〜11日間。オールインクルーシブ型のプランが主流だ

ツアー期間は6日間から。航路の関係から帰路、オーランドやマイアミに1泊するモンテゴベイステイのツアーが多い。通常ジャマイカのホテルでは様々なアクティビティと3食がセットになっている「オールインクルーシブ」タイプが主流だが、ツアー利用であれば朝食のみ、食事無しのツアーもある。また、数は少ないが、キングストン滞在のツアーもある。ジャマイカの名物料理は、チキンをドラム缶で焼いた「ジャーク・チキン」。トロピカルフルーツも存分に楽しめるだろう。(2016年9月編集部調べ)


ジャマイカのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示

ジャマイカの食事は、オールスパイス、カレー粉、シナモン、コショウなどのスパイスを用いた、刺激的で香りの強い調味料を使うのが特徴だ。主食は米。代表的な郷土料理のジャーク・チキンは、スパイスとハーブをミックスしたピリ辛のジャーク・ソースに漬け込んだチキンをこんがりと焼いたもの。アキー&ソルトフィッシュはアキーというカリブ地域に植生する木の実と干しダラの一皿で、朝食として食べられる。ジャマイカグルメの真髄は、高級レストランよりも、庶民的な食堂でご飯をテイクアウトするボックスにあるかもしれない。(2015年編集部調べ)

ジャマイカのショッピング情報

ボブ・マーリーを生んだジャマイカの土産物といえば、レゲエのCD、赤・黄・緑のラスタカラーの雑貨、マーリーの肖像が入ったTシャツやグッズなど。他にはビーズや木の実を使ったアクセサリーや木彫りの工芸品などがある。ビーチリゾートのモンテゴベイには大きなクラフトマーケットやショッピングセンターがあるが、マーケットでは値段交渉が必要。またジャマイカの名産ホワイトラムや、世界的に有名なブルーマウンテンコーヒーも、お土産に最適。モンテゴベイの空港内のショップも充実している。(2015年編集部調べ)

ジャマイカ航空券/空港・主要都市へのアクセス情報

ジャマイカの空の玄関となるのは、島の南側、首都キングストンのノーマン・マンレー国際空港と、島の北側、リゾート地のモンテゴベイにあるシー・ドナルド・サングスタ国際空港である。キングストンは政治・経済の中心地、モンテゴベイはリゾート地と性格が異なっていて、キングストンにはアメリカほか、イギリスからの定期便が、モンテゴベイにはアメリカほか、ヨーロッパ各国からの定期便が運航されているが、いずれの都市にもアジアからの便はない。
(※2012年1月時点。事実が変更している可能性がありますので事前にご確認下さい。)

現地ガイド発!ジャマイカの観光最新情報

  • ジャマイカのオススメツアー

    ジャマイカ旅行・ジャマイカ観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook