page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

コロサル(メキシコ)ツアー発の比較一覧です。予算や出発地、希望のホテルなど、ご希望の旅行条件にあてはまるコロサル(メキシコ)の魅力を堪能できるおすすめツアーが盛りだくさん!

ツアー検索|コロサル

5件ヒットしました (1旅行会社 44.60〜54.60万円)
  • 1|

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
41.80
43.80
2.80 44.60
46.60

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
44.60
46.60

8日間

成田発

ホテル:
ベスト・ウェスタン・ストフィージャ、ジャガー・イン、DFW・エアポート…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、前半にグアテマラとメキシコ国境付近の密林に潜む知られざるマヤ遺跡「ヤシュチラン遺跡」と「ボナンパック遺跡」を、 後半にマヤ遺跡最古の「セイバル遺跡」とマヤ遺跡最大規模の「ティカル遺跡」を訪問する4つのマヤ遺跡を巡る中米2カ国周遊紀行です。

●ヤシュチラン遺跡とボナンパック遺跡(メキシコ)
メキシコ側にある「ヤシュチラン遺跡」と「ボナンパック遺跡」をグアテマラ側からボートで川を横断して訪問します。
ヤシュチラン遺跡は、ウスマシンタ川が大きく蛇行する内側に位置し遺跡までのアクセスは陸路では行けず、ボートで向かいます。古典期(4世紀〜8世紀)に栄えたマヤ文明の都市センターのひとつで、王の姿を彫刻した石碑や高い飾り屋根が特徴的な建造物が多数残っています。また同時期に栄えたボナンパック遺跡は、小神殿の部屋に残る色鮮やかな「装飾壁画」が有名で、「残忍で好戦的な描写」などがテーマ別に3つの小部屋の壁一面に描かれており、「戦争を好まない平和的な民族」とされていたマヤ民族観を根底から覆す一大発見となりました。
【第1の部屋】「王位継承に関する儀式」の様子
【第2の部屋】「戦闘の場面と捕らえた捕虜たちの審問と凌辱」の様子
【第3の部屋】「生贄の儀式や貴族たちの放血儀礼」の様子

●マヤ遺跡最古で最長のセイバル遺跡(グアテマラ)
マヤ都市の中でも最も古くに誕生し最も長く存続した(紀元前1000年頃〜紀元1000年頃の約2000年間、盛衰を繰り返しながら存続)「セイバル遺跡」は、パシオン川をボートで約1時間の場所にあります。名称の由来でもある「セイバ(Ceiba)=「生命の樹」がある場所」は、まさに「生命の樹」がたくさん生い茂り、遺跡内にはワトゥル・チャテル王の石碑が多数発見され、ティカル遺跡と並ぶ「国宝級の大都市遺跡」に指定されています。
マヤ文明の起源=セイバル遺跡という観点からも非常に重要な遺跡で、定説では紀元前800年とされていた「マヤ文明の起源」が200年も古い「紀元前1000年頃」とする新説をメソアメリカ考古学の研究者青山和夫教授(茨城大学)を中心とする日本研究者たちが2015年3月に最新の調査研究成果として発表しています。

●マヤ遺跡最大規模を誇るティカル遺跡(グアテマラ)
居住性をもたせた空間があるメキシコのマヤ神殿と比べて、居住空間がほとんどなく天へ舞いあがるかのように垂直に伸びているティカルの神殿は、頂上には巨大な飾り屋根が付けられ、重厚で荘厳な外観が特徴です。現在、1号神殿から5号神殿まで見学が可能で登れる神殿もあるので勇気のある方はチャレンジしてみてください。(神殿登頂は諸事情によりできなくなる場合もございますので予めご了承ください)

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
50.80
51.80
2.80 53.60
54.60

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
53.60
54.60

10日間

成田発

ホテル:
ベスト・ウェスタン・ストフィージャ、ジャガー・イン、DFW・エアポート…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、メキシコ/グアテマラ/ベリーズとユカタン半島を横断する行程で6つのマヤ遺跡を巡る中米3カ国周遊紀行です。メキシコでは、密林に潜む知られざるマヤ遺跡「ヤシュチラン遺跡」と「ボナンパック遺跡」、 グアテマラでは、マヤ遺跡最古の「セイバル遺跡」とマヤ遺跡最大規模の「ティカル遺跡」、ベリーズでは、「カラコル遺跡」「アルトゥンハ遺跡」の2大マヤ遺跡を訪問します。
最終日はベリーズで「ブルーホール遊覧飛行」もお楽しみください。

●ヤシュチラン遺跡とボナンパック遺跡(メキシコ)
メキシコ側にある「ヤシュチラン遺跡」と「ボナンパック遺跡」をグアテマラ側からボートで川を横断して訪問します。
ヤシュチラン遺跡は、ウスマシンタ川が大きく蛇行する内側に位置し遺跡までのアクセスは陸路では行けず、ボートで向かいます。古典期(4世紀〜8世紀)に栄えたマヤ文明の都市センターのひとつで、王の姿を彫刻した石碑や高い飾り屋根が特徴的な建造物が多数残っています。また同時期に栄えたボナンパック遺跡は、小神殿の部屋に残る色鮮やかな「装飾壁画」が有名で、「残忍で好戦的な描写」などがテーマ別に3つの小部屋の壁一面に描かれており、「戦争を好まない平和的な民族」とされていたマヤ民族観を根底から覆す一大発見となりました。
【第1の部屋】「王位継承に関する儀式」の様子
【第2の部屋】「戦闘の場面と捕らえた捕虜たちの審問と凌辱」の様子
【第3の部屋】「生贄の儀式や貴族たちの放血儀礼」の様子

●マヤ遺跡最古で最長のセイバル遺跡(グアテマラ)
マヤ都市の中でも最も古くに誕生し最も長く存続した(紀元前1000年頃〜紀元1000年頃の約2000年間、盛衰を繰り返しながら存続)「セイバル遺跡」は、パシオン川をボートで約1時間の場所にあります。名称の由来でもある「セイバ(Ceiba)=「生命の樹」がある場所」は、まさに「生命の樹」がたくさん生い茂り、遺跡内にはワトゥル・チャテル王の石碑が多数発見され、ティカル遺跡と並ぶ「国宝級の大都市遺跡」に指定されています。
マヤ文明の起源=セイバル遺跡という観点からも非常に重要な遺跡で、定説では紀元前800年とされていた「マヤ文明の起源」が200年も古い「紀元前1000年頃」とする新説をメソアメリカ考古学の研究者青山和夫教授(茨城大学)を中心とする日本研究者たちが2015年3月に最新の調査研究成果として発表しています。

●マヤ遺跡最大規模を誇るティカル遺跡(グアテマラ)
居住性をもたせた空間があるメキシコのマヤ神殿と比べて、居住空間がほとんどなく天へ舞いあがるかのように垂直に伸びているティカルの神殿は、頂上には巨大な飾り屋根が付けられ、重厚で荘厳な外観が特徴です。現在、1号神殿から5号神殿まで見学が可能で登れる神殿もあるので勇気のある方はチャレンジしてみてください。(神殿登頂は諸事情によりできなくなる場合もございますので予めご了承ください)

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
48.80
49.80
2.80 51.60
52.60

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
51.60
52.60

10日間

成田発

ホテル:
ベスト・ウェスタン・ストフィージャ、ロンガローネ、ジャガー・イン、DF…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、序盤にグアテマラ・ホンジュラスの国境付近に位置する「コパン遺跡」と「キリグア遺跡」を訪問し、中盤にグアテマラとメキシコ国境付近の密林に潜む知られざるマヤ遺跡「ヤシュチラン遺跡」と「ボナンパック遺跡」を訪問します。 終盤はマヤ遺跡最古の「セイバル遺跡」とマヤ遺跡最大規模の「ティカル遺跡」を訪問する6つのマヤ遺跡を巡る中米3カ国周遊紀行です。

●ヤシュチラン遺跡とボナンパック遺跡(メキシコ)
メキシコ側にある「ヤシュチラン遺跡」と「ボナンパック遺跡」をグアテマラ側からボートで川を横断して訪問します。
ヤシュチラン遺跡は、ウスマシンタ川が大きく蛇行する内側に位置し遺跡までのアクセスは陸路では行けず、ボートで向かいます。古典期(4世紀〜8世紀)に栄えたマヤ文明の都市センターのひとつで、王の姿を彫刻した石碑や高い飾り屋根が特徴的な建造物が多数残っています。また同時期に栄えたボナンパック遺跡は、小神殿の部屋に残る色鮮やかな「装飾壁画」が有名で、「残忍で好戦的な描写」などがテーマ別に3つの小部屋の壁一面に描かれており、「戦争を好まない平和的な民族」とされていたマヤ民族観を根底から覆す一大発見となりました。
【第1の部屋】「王位継承に関する儀式」の様子
【第2の部屋】「戦闘の場面と捕らえた捕虜たちの審問と凌辱」の様子
【第3の部屋】「生贄の儀式や貴族たちの放血儀礼」の様子

●マヤ遺跡最古で最長のセイバル遺跡(グアテマラ)
マヤ都市の中でも最も古くに誕生し最も長く存続した(紀元前1000年頃〜紀元1000年頃の約2000年間、盛衰を繰り返しながら存続)「セイバル遺跡」は、パシオン川をボートで約1時間の場所にあります。名称の由来でもある「セイバ(Ceiba)=「生命の樹」がある場所」は、まさに「生命の樹」がたくさん生い茂り、遺跡内にはワトゥル・チャテル王の石碑が多数発見され、ティカル遺跡と並ぶ「国宝級の大都市遺跡」に指定されています。
マヤ文明の起源=セイバル遺跡という観点からも非常に重要な遺跡で、定説では紀元前800年とされていた「マヤ文明の起源」が200年も古い「紀元前1000年頃」とする新説をメソアメリカ考古学の研究者青山和夫教授(茨城大学)を中心とする日本研究者たちが2015年3月に最新の調査研究成果として発表しています。

●マヤ遺跡最大規模を誇るティカル遺跡(グアテマラ)
居住性をもたせた空間があるメキシコのマヤ神殿と比べて、居住空間がほとんどなく天へ舞いあがるかのように垂直に伸びているティカルの神殿は、頂上には巨大な飾り屋根が付けられ、重厚で荘厳な外観が特徴です。現在、1号神殿から5号神殿まで見学が可能で登れる神殿もあるので勇気のある方はチャレンジしてみてください。(神殿登頂は諸事情によりできなくなる場合もございますので予めご了承ください)

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
47.80
48.80
2.80 50.60
51.60

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
50.60
51.60

10日間

成田発

ホテル:
ベスト・ウェスタン・ストフィージャ、ジャガー・イン、DFW・エアポート…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、メキシコ/グアテマラ/ベリーズとユカタン半島を横断する行程で6つのマヤ遺跡を巡る中米3カ国周遊紀行です。メキシコでは、密林に潜む知られざるマヤ遺跡「ヤシュチラン遺跡」と「ボナンパック遺跡」、 グアテマラでは、マヤ遺跡最古の「セイバル遺跡」とマヤ遺跡最大規模の「ティカル遺跡」、ベリーズでは、「カラコル遺跡」「ラマナイ遺跡」の2大マヤ遺跡を訪問します。

●ヤシュチラン遺跡とボナンパック遺跡(メキシコ)
メキシコ側にある「ヤシュチラン遺跡」と「ボナンパック遺跡」をグアテマラ側からボートで川を横断して訪問します。
ヤシュチラン遺跡は、ウスマシンタ川が大きく蛇行する内側に位置し遺跡までのアクセスは陸路では行けず、ボートで向かいます。古典期(4世紀〜8世紀)に栄えたマヤ文明の都市センターのひとつで、王の姿を彫刻した石碑や高い飾り屋根が特徴的な建造物が多数残っています。また同時期に栄えたボナンパック遺跡は、小神殿の部屋に残る色鮮やかな「装飾壁画」が有名で、「残忍で好戦的な描写」などがテーマ別に3つの小部屋の壁一面に描かれており、「戦争を好まない平和的な民族」とされていたマヤ民族観を根底から覆す一大発見となりました。
【第1の部屋】「王位継承に関する儀式」の様子
【第2の部屋】「戦闘の場面と捕らえた捕虜たちの審問と凌辱」の様子
【第3の部屋】「生贄の儀式や貴族たちの放血儀礼」の様子

●マヤ遺跡最古で最長のセイバル遺跡(グアテマラ)
マヤ都市の中でも最も古くに誕生し最も長く存続した(紀元前1000年頃〜紀元1000年頃の約2000年間、盛衰を繰り返しながら存続)「セイバル遺跡」は、パシオン川をボートで約1時間の場所にあります。名称の由来でもある「セイバ(Ceiba)=「生命の樹」がある場所」は、まさに「生命の樹」がたくさん生い茂り、遺跡内にはワトゥル・チャテル王の石碑が多数発見され、ティカル遺跡と並ぶ「国宝級の大都市遺跡」に指定されています。
マヤ文明の起源=セイバル遺跡という観点からも非常に重要な遺跡で、定説では紀元前800年とされていた「マヤ文明の起源」が200年も古い「紀元前1000年頃」とする新説をメソアメリカ考古学の研究者青山和夫教授(茨城大学)を中心とする日本研究者たちが2015年3月に最新の調査研究成果として発表しています。

●マヤ遺跡最大規模を誇るティカル遺跡(グアテマラ)
居住性をもたせた空間があるメキシコのマヤ神殿と比べて、居住空間がほとんどなく天へ舞いあがるかのように垂直に伸びているティカルの神殿は、頂上には巨大な飾り屋根が付けられ、重厚で荘厳な外観が特徴です。現在、1号神殿から5号神殿まで見学が可能で登れる神殿もあるので勇気のある方はチャレンジしてみてください。(神殿登頂は諸事情によりできなくなる場合もございますので予めご了承ください)

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
41.80
43.80
2.80 44.60
46.60

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
44.60
46.60

11日間

成田発

ホテル:
ベスト・ウェスタン・ストフィージャ、ロンガローネ、ホテル・カソナ・デ・…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、前半に「コパン遺跡」「キリグア遺跡」「ティカル遺跡」「セイバル遺跡」を訪問し、 後半はウスマシンタ川をボートで渡り密林に潜む知られざるマヤ遺跡「ヤシュチラン遺跡」「ボナンパック遺跡」とマヤ随一の優美な建造物を誇る「パレンケ遺跡」とメソアメリカ文明の母体と称されるオルメカ文明の遺跡「ラ・ベンタ遺跡公園」を訪問する中米3カ国周遊紀行です。最後はメキシコシティを訪問します。
●<コパン遺跡とキリグア遺跡について>
コパンは5世紀〜9世紀にかけて栄えた有力なマヤの大都市で、13代の「18ウサギ王(在位 695-738年)」のころが最盛期といわれています。738年に長年コパンの支配下にあった小都市キリグアの下剋上に遭い、18ウサギ王は落命しコパン王朝は没落に向かうことになります(800年の半ばに滅亡)。
マヤ遺跡には王の姿や事績を刻んだ石の彫刻やモニュメントがたくさんありますが、その多くは石板に浅浮き彫りを施したタイプで、一方コパンの石碑は巨大な石柱を丸彫りした高浮き彫りであるところに特徴があります。また、キリグアはコパンに勝利した後、カック・ティリウ王(カワク空王)が都市を拡大整備して数多くの石碑を作らせました。キリグア遺跡の特徴は、マヤ遺跡最大の石碑「ステラE」をはじめ、巨大で彫刻の質の高い石碑が数多く残っているところです。このような石碑(ステラ)が数多く残る両遺跡は、数あるマヤ遺跡の中でも他に例がなく非常に稀有な存在だと言えます。
●<ヤシュチラン遺跡とボナンパック遺跡(メキシコ)>
メキシコ側にある「ヤシュチラン遺跡(Yaxchilan)」と「ボナンパック遺跡(Bonampak)」をグアテマラ側からボートで川を横断して訪問します。
ヤシュチラン遺跡は、ウスマシンタ川が大きく蛇行する内側に位置し遺跡までのアクセスは陸路では行けず、ボートで向かいます。古典期(4世紀〜8世紀)に栄えたマヤ文明の都市センターのひとつで、王の姿を彫刻した石碑や高い飾り屋根が特徴的な建造物が多数残っています。また同時期に栄えたボナンパック遺跡は、小神殿の部屋に残る色鮮やかな「装飾壁画」が有名で、「残忍で好戦的な描写」などがテーマ別に3つの小部屋の壁一面に描かれており、「戦争を好まない平和的な民族」とされていたマヤ民族観を根底から覆す一大発見となりました。
【第1の部屋】には、「王位継承に関する儀式」の様子/楽隊と踊り手が入場してきてピラミッド基壇には祝典の始まりを待つ貴族たちを描写。 【第2の部屋】には、「戦闘の場面と捕らえた捕虜たちの審問と凌辱」の様子/王が捕えた捕虜を尋問し拷問にかける様子を描写。【第3の部屋】には、「生贄の儀式や貴族たちの放血儀礼」の様子/
●終盤はメキシコシティで終日フリータイムをご用意しています。
ショッピングや街散策など思い思いにお過ごしください。 メキシコシティが初めての方は「各種オプショナルツアー」もご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

5件ヒットしました (1旅行会社 44.60〜54.60万円)
  • 1|

コロサル ツアー関連情報

コロサル ツアー(東京発)一覧|エイビーロード

コロサル(メキシコ)発のツアープランをご紹介。エイビーロードなら、発着空港や料金・航空会社・日程等の条件から、あなたにピッタリのコロサル(メキシコ)発のツアーを探せます。日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のコロサル(メキシコ)発のツアープランをお探し下さい。