page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

メキシコ・エンセナーダ・ショッピングの現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

ハンモックを買うなら、マヤの伝統が息づいたメキシコで!

掲載日:2018/06/29 テーマ:ショッピング 行き先: メキシコ / エンセナーダ ライター:宮谷千英

タグ: お土産 ショッピング 安い



ABガイド:宮谷千英

【メキシコのABガイド】 宮谷千英
全ガイドを見る
メキシコ(エンセナーダ)在住。アメリカに憧れて、販売関係の仕事で在米10年。犬と南国のリゾート地が大好きで、ワインと美味しいものには目がない。アメリカを後にし、日本へ永住帰国途中に寄ったエンセナーダの魅力にとりつかれ、住人の仲間入り。エンセナーダならではの食情報や観光情報、穴場のスポットなどをお届けします。

場所を取らないハンモックチェアー。お土産にもかさばらず持って帰りやすい 場所を取らないハンモックチェアー。お土産にもかさばらず持って帰りやすい

マヤ人によって作られた伝統工芸品

今では世界中で使われているハンモックだけれど、その起源は千年以上前で、中南米の先住民族が作ったものらしい。高温でむし暑い環境であることと、寝ている間に動物や毒虫に襲われる危険から身を守るために、寝具として使われていたと言う。コロンブスが航海中に、先住民が木の間のネットで寝ているのを見て、ハンモックをヨーロッパへと持ち帰ったことが広まるきっかけになったようだ。メキシコユカタン地方のマヤ族は、受け継がれてきた編み方で編んだ伝統工芸品であるハンモックを、文化遺産として発展させた。現在でもユカタンでは、ほとんどの人がベットを使わずハンモックで寝ているという。

 

あちこちの露店で売っているが、港の周りは特に多く、値段も交渉次第! あちこちの露店で売っているが、港の周りは特に多く、値段も交渉次第!

機能性も実用性もバツグンで、おすすめのハンモックチェアー

船上でも平行を保てると寝具として重宝されたらしいハンモック。確かに、汚れた床でも濡れた大地の上でも、環境に関係なく寝られるのはとっても便利だろう。素材は、もともとは「ハマック」と言う樹の樹皮を使って編んでいたと言うが、今では色々な素材で編まれている。ただ吊るすだけでなく、椅子になったり2人乗りになったりと多様化しており、リラックゼーションという用途で使われることも多くなってきているようだ。ハンモックやハンモックチェアーは、メキシコで絶対おすすめしたいお土産のひとつである。

 

メキシカンカラーあり、プレーンなカラーありで、品質も確かだから安心 メキシカンカラーあり、プレーンなカラーありで、品質も確かだから安心

暑い夏に最適、室内のソファーがわりに

日本のハンモックにもいろいろあるが、メキシカンハンモックは細い綿の糸で編まれた結び目のない網が特徴で、肌に食い込むことが無く体に心地よくフィットする。ハンモックチェアーでもサイズが大きめのものは、前後に広げれば背中と足まですっぽりと入って寝ることもできる。エンセナーダでこのハンモックチェアーは、なんと日本円にして1500円から2000円程。日本でなら8倍以上はするお値段のメキシコカンハンモックを、旅行のついでに買わないという手はないだろう。遠い国メキシコの民芸品は、とってもお買い得なのである。

 

自然の石とステンドグラスで作られた、カラフルで可愛いヨットの置き物 自然の石とステンドグラスで作られた、カラフルで可愛いヨットの置き物

個性的なメキシコ土産が混じっているお店

メイン通りやフィッシュマーケット周辺ではどこでも見かけるハンモックだけれど、お土産と言えば他では置いていないものが見つかるお店がある。色々な国からの物が集まっていて、メキシコのアーティストが作ったものは、他に多々あるお土産屋さんでは置いてないし見つからない。メキシコらしくないと言えばそうも言えるが、そんな中どこかメキシコの香りが漂っていて、ひと味違った物が見つかるだろう。お土産でも、ちょっとセンスの良い置物を買って帰りたい人には、ぜひ覗いてみてほしいお店なのである。

 

色合いも地味で、通り越す人も多いHoger homescapes 色合いも地味で、通り越す人も多いHoger homescapes

賑やかな通りの角の、観光客があまり覗かないお店

メイン通りLopez Mateosと垂直に交差するRiveroll通りのとの角に、家具など内装に関したお店がある。通りには大きな置物が出されているけれど、観光で通りすがった人たちには暮らしに関したものだろうと思うのか、入店する人はあまりたくさん見かけない。そんなお店だけれど、おすすめのお土産がメキシコのアート。大きな物が多いけれど、アクセサリーや小物、小ぶりの置物もあるので、ショッピングで通りかかったら中入ってみてはいかがだろう。ユニークな一品が見つかるかもしれない。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/06/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事