page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・エンセナーダ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

地元の人たちに大人気! シーフードを堪能できる大衆レストラン


掲載日:2018/07/31 テーマ:グルメ 行き先: メキシコ / エンセナーダ

タグ: おいしい グルメ 魚料理


港の街だから新鮮なシーフードは必食

一品でも皆でシェアできるたっぷりサイズ。アボカドはメキシコでは欠かせない 一品でも皆でシェアできるたっぷりサイズ。アボカドはメキシコでは欠かせない

メキシコ料理と言うと肉料理が中心で、新鮮な魚介類が食べられる地域は限られているが、北部の太平洋沿いの漁港エンセナーダはその数少ない地域の1つである。勿論、毎日水揚げされる新鮮な魚介類を提供してくれるお店は数多く、屋台から高級レストランまで選択肢も多い。ロブスターや養殖本マグロから、日本ではなかなかお目にかかれない貝類も多く、シーフードの宝庫なのである。お寿司もメキシコ人にとっても人気で、いたるところに寿司レストランが。

カジュアルな雰囲気のローカル色一杯のレストラン

大人数収容の大きな店内で、地元の人たちに人気のカジュアルレストラン 大人数収容の大きな店内で、地元の人たちに人気のカジュアルレストラン

その色々な選択肢で今回ご紹介するのは、観光客のメイン通りからは少し離れたローカル色の濃い「エル・プリモ・ナヴァ」。カジュアルで気取らないシーフード専門レストランで、大人数を収容できるほどの大きなサイズである。そんな大きなサイズでも、夕方早い時間からほぼ満席になり、シーフードを堪能しているグループや家族連れなどで活気にあふれてくる。たまには観光客も来るだろうけれど、ほとんどがローカルの人が日常使いやイベント時に利用するカジュアルなレストランなのだ。

ロブスターをふんだんに使ったブリトーも人気

シーフードミックスのセビーチェを貝殻に詰めたラ・コンチャ シーフードミックスのセビーチェを貝殻に詰めたラ・コンチャ

メキシコの代表的なブリトー。ソフトなトルティーヤの中にライスや豆類と一緒に肉や魚が入っているのが普通なのだけれど、ここの「ロブスターブリトー」は、中が全部ロブスターだけ!という贅沢さ。惜しみなくロブスターを使った人気の一皿だ。巨大貝の貝殻に貝やエビなどのシーフードミックスを乗せ、チーズをトッピングしてグリルしたものもおススメ。カジキを使った「スモークドマーリンディップ」はクラッカーが付いて、ビールのアペタイザーに。シュリンプとカニをベーコンで巻いた「シュリンプ・プリモ・ナヴァ」もメキシコではよく見かける一品で、ボリュームたっぷり。

デザートもメキシコらしいレシピ満載

バーカウンターではオイスターバーが営業している時間帯も バーカウンターではオイスターバーが営業している時間帯も

シーフード専門店だけれど、デザートのスイーツ類も無視できない美味しさ。ココナッツの殻に入れられた「ココナッツアイスクリーム」は、程よい甘さで、本物のココナッツフレーバーたっぷりのアイスクリームだ。また、一角にはベーカリーも併設しており、テイクアウトができる。オイスターバーもあるけれど、開いている時間が限られているので、オイスターが目的で行くときはお店に確かめてからをお勧めする。シーフードを堪能したいときは、お値段もリーズナブルなローカル向けのレストランへ行ってみよう。

関連情報

少し外れたメイン通り沿いにある、ブルーの外観のレストラン 少し外れたメイン通り沿いにある、ブルーの外観のレストラン

El Primo Nava (エル・プリモ・ナヴァ)
Av. Lopez Mateos 1561
22800 Ensenada, Baja California, Mexico
営業時間 9:00am - 9:00pm
https://www.facebook.com/mariscosprimonava/
メイン通りのLopez Mateosを南下し、Miguel Hidalgo y Costillaと交わるあたり

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/07/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索