page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・エンセナーダ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

やみつきになる味!本場のメキシコ料理はメキシコでこそ


掲載日:2019/02/08 テーマ:グルメ 行き先: メキシコ / エンセナーダ

タグ: おいしい 安い 屋台 名物


ユネスコ無形文化遺産に登録された伝統的メキシコ料理

色々なソースをトッピングして、その時々で複雑な味を楽しもう 色々なソースをトッピングして、その時々で複雑な味を楽しもう

マヤやアステカ文明が栄えた数千年前から、トウモロコシや豆や唐辛子を使った料理が食べられてきたメキシコ。1821年に独立するまでスペインの支配が300年ほども続いたため、現在のメキシコ料理は先住民族料理とスペイン料理との融合である。しかしスペインの影響を受けながらも、メキシコ古代の調理法や伝統料理を守り続けてきた。そして2010年11月にユネスコ無形文化遺産に登録されたのだ。和食も2013年に登録されたけれど、食文化としての登録はメキシコ料理が初めてだそうだ。

主食のトルティーヤにはメキシコ人のこだわりが!

エビのトスターダ。これでもか!とたっぷりの具がトッピング。 エビのトスターダ。これでもか!とたっぷりの具がトッピング。

トウモロコシの粉を水で練って焼いた薄い皮「トルティーヤ」がメキシコ人の主食である。おかずを挟めばタコス、さらにその上にソースをかけて焼いたものが「エンチラーダ」。ちなみにブリトーのトルティーヤは小麦粉が原料の柔らかい食感のトルティーヤ。他にもソパ・デ・トルティーヤ(トルティーヤスープ)、モレ・ポブラーノ(鶏肉のチョコレートソース)、セビーチェ(魚介のマリネ)などなど、メキシコ料理は4000以上の種類があると言われている。でも基本はメキシコ人がこだわるトルティーヤ!やっぱり本場でこそ味わえる伝統の味なのである。

港町エンセナーダで一番のお勧めは食!食!食

レストランでも出せるところはほとんどない、カルニタス専門店の豚肉タコスは最高! レストランでも出せるところはほとんどない、カルニタス専門店の豚肉タコスは最高!

エンセナーダはとってもこじんまりした田舎町だ。この記事で最後になるけれど、この町で本当にお勧めしたいのが屋台料理。まずはエンセナーダ名物のフィッシュタコス。港から山手に何ブロックかの範囲に10件以上ある。魚はサメを使っているのだが、まるで鯛のような淡白な味。小ぶりのトルティーヤの上に、キャベツの千切りと揚げたての天ぷらを乗せて手渡してくれるので、あとは好みで色々なサルサやソースをかけて手巻きしてほおばる。キーライムを絞りかけて食べるこのフィッシュタコスは、きっと他では味わう事の出来ない忘れられない味になるだろう。

これぞ美食の宝庫、屋台料理と侮ることなかれ

屋台のカウンターに山積みされた朝どれの大小様々な貝類。お好みの貝をラ・コンチャ(貝殻)スタイルで 屋台のカウンターに山積みされた朝どれの大小様々な貝類。お好みの貝をラ・コンチャ(貝殻)スタイルで

豚肉(カルニタス)のタコスの豚は、丸ごと一頭を巨大な鍋で2時間ほども煮込む。完全に火が通っても煮続け、水分が飛んで豚から出た脂でこんがり揚がると出来上がりという、伝統の料理法で作っている。豚の部位は好きな部位を選べるので、事前に名前を知らないとちょっと難関である。普通の身の部分はマシサ。これだけでも知っておけばOK。トルティーヤに肉だけを乗せて手渡されるので、あとは自分であれこれトッピングする。旨味と甘味が口の中に広がり、複雑な味わいは絶品B級グルメの域を出そうなほど。町で1店舗しかないカルニタス専門店「Ramirez」で豚のタコスを是非!

絶対はずせない、マリスコ屋台の超新鮮魚介のトスターダ

新鮮だからこそ生臭さの全くない味。冷たいシーフードカクテルは、暑い日中には美味しくて栄養のあるスナックだ 新鮮だからこそ生臭さの全くない味。冷たいシーフードカクテルは、暑い日中には美味しくて栄養のあるスナックだ

もうひとつ絶対的なお勧めは、マリスコ(シーフード)屋台。そこで使われているトスターダは、コーントルティーヤを油で揚げたものでカリッとしている。これに色々な魚介類を乗せてパリパリの皮と一緒に食べる。魚介を細かく刻んで薄く塗るスタイルや、魚介類を山盛りにしたものなど、レシピも屋台により様々。タコスと同じように自由にソースなどをトッピングできるので、好みの味で。また、トマトや魚介のジュース、魚介類、ライムをミックスしたシーフードカクテルも、どこのマリスコ屋台でも食べられる。クラッカーが付いてくるが、これがまた良く合ってとても美味しいのだ。トスターダは日本では手に入らないので、気に入ったらぜひスーパーで買うことをお勧めする。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/02/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索