世界遺産「シアン・カーン自然保護区(シアン・カーン)」の詳細情報

メキシコの世界遺産・名所ガイド

Sian Ka'an

シアン・カーン自然保護区

名称:シアン・カーン自然保護区(メキシコ
英語名称:Sian Ka'an
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1987年

湿地、サンゴ礁、マングローブ林など17の植生が広がる自然保護区

マヤの言葉で「空の始まるところ」という意味のシアン・カーン。メキシコ南東部ユカタン半島のカリブ海沿岸に、約5300平方キロにわたって広がる自然保護区は、湿地、サンゴ礁、マングローブ林など17の植生をもつ世界遺産。敷地内に川はなく、鍾乳洞などの石灰岩質が崩落してできた穴から湧き出た無数の泉セノーテが水源となっている。約1200種の植物、数千種におよぶ蝶、ジャガーやケツァルなどの希少動物が生息する保護区内では、動物ウォッチングやバードウォッチング、サンゴ礁の海でのダイビング、カヤックやフィッシングなどのレジャーも楽しめる。カンクンから陸路2〜3時間。エコツーリズムを満喫するなら、ぜひ宿泊したい。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!メキシコの世界遺産最新情報

2016/12/02 世界遺産

メキシコの世界遺産 外国人長期滞在者に人気の小都市、サンミゲル・デ・アジェンデ。後編

メキシコ旅行イメージ-サンミゲル・デ・アジェンデは小さな地方都市なので、街歩きも緊張せずのんびりとできる サンミゲル・デ・アジェンデは小さな地方都市なので、街歩きも緊張せずのんびりとできる

「メキシコの世界遺産サンミゲル・デ・アジェンデ」前編からの続きです。さて、この町の中心広場であるソカロの向かいには、世界中どこにでもある(笑)「スターバックスコーヒー」があります。ただし町の美観を壊さないように、周囲の建物になじむように看板が出ており、中にはここがスターバックスとは気がつかない人もいるでしょうね。その並びには観光案内所があるので、ここで町の地図をもらってから歩き出したらいいでしょう。町の中ではソカロがあるあたりが高台になっています。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


メキシコの世界遺産「シアン・カーン自然保護区」についてご紹介します。シアン・カーン自然保護区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。