世界遺産「サカテカスの歴史地区(サカテカス)」の詳細情報

メキシコの世界遺産・名所ガイド

Historic Centre of Zacatecas

サカテカスの歴史地区

名称:サカテカスの歴史地区(メキシコ
英語名称:Historic Centre of Zacatecas
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993年

銀鉱山で栄えたピンク・シティ

メキシコ中央高原北端に位置するサカテカスに、16世紀半ば、スペイン人が建設した植民都市。銀鉱脈の発見によって莫大な富がもたらされ、地方経済の中心地として発展した。街はスペインのバロック様式がメキシコ先住民の文化と混じりあい、独特の様式で飾られた。18世紀半ばに建立されたチュリゲラ様式(バロック様式の一種)のサカテカス大聖堂、サント・ドミンゴ聖堂など、壮麗な建造物がある。サカテカス大聖堂には、南国の植物や、太陽信仰を表す浮き彫り、先住民を誘う踊る天使などが描かれている。壮麗な装飾のファサードで知られたが、その後の革命や内戦で内部装飾は失われた。サカテカスにある建造物の多くに赤みを帯びた石材が使われているため、街全体がピンク色に染まって見えるので「バラ色の街」とも呼ばれている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!メキシコの世界遺産最新情報

2016/12/02 世界遺産

メキシコの世界遺産 外国人長期滞在者に人気の小都市、サンミゲル・デ・アジェンデ。後編

メキシコ旅行イメージ-サンミゲル・デ・アジェンデは小さな地方都市なので、街歩きも緊張せずのんびりとできる サンミゲル・デ・アジェンデは小さな地方都市なので、街歩きも緊張せずのんびりとできる

「メキシコの世界遺産サンミゲル・デ・アジェンデ」前編からの続きです。さて、この町の中心広場であるソカロの向かいには、世界中どこにでもある(笑)「スターバックスコーヒー」があります。ただし町の美観を壊さないように、周囲の建物になじむように看板が出ており、中にはここがスターバックスとは気がつかない人もいるでしょうね。その並びには観光案内所があるので、ここで町の地図をもらってから歩き出したらいいでしょう。町の中ではソカロがあるあたりが高台になっています。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


メキシコの世界遺産「サカテカスの歴史地区」についてご紹介します。サカテカスの歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。